Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』」完成披露上映会の様子。

ボイメン「シンカリオン」主題歌を生披露、佐倉綾音も興奮「童心に返る」

19/12/15(日) 13:20

BOYS AND MENが本日12月15日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた映画「劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』」の完成披露試写会に登壇した。

新幹線が移動手段だけでなく変形ロボット“シンカリオン”として活躍する世界を舞台に、子供たちが運転士となり巨大な敵に立ち向かう姿が描かれる本作。BOYS AND MENは主題歌「ガッタンゴットンGO!」で映画を盛り上げているほか、メンバーの辻本達規が新幹線超進化研究所北海道支部の指令員・渡島カムイの声優を担当している。

辻本は舞台挨拶で「本当に緊張感のある役。収録も大変緊張したんですが、僕たちの“ガンガンズダンダン”の精神で行ったれ!と思ってやりました」とテレビアニメ版のオープニングテーマ「進化理論」の歌詞を引用してアフレコ時の思いを熱弁する。「ガッタンゴットンGO!」についてボイメンのメンバーは「メロディラインが、リリースがクリスマスなので、クリスマス風になってます」「振り付けが覚えやすい」とアピール。これを受けて速杉ハヤト役の佐倉綾音は「本当に耳から離れなくなる。体がちょっと動いちゃう。みんなで踊れて楽しい曲です」とその魅力を語った。

その後、ボイメンは「進化理論」と「ガッタンゴットンGO!」の2曲を観客の前でパフォーマンス。ライブが終わると佐倉は「すごかったです! 初めて生でパフォーマンスを拝見しました。童心に返るってこういうことなんですね」と興奮気味に語った。

「劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』」は12月27日より全国公開される。

(c)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・The Movie 2019

アプリで読む