Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

新国デジタルシアターが始動、年末年始に「セビリアの理髪師」「消えていくなら朝」を特別配信

ナタリー

新国デジタルシアターのビジュアル。

東京・新国立劇場による映像配信プラットフォーム・新国デジタルシアターがスタートした。

新国立劇場では、昨年4月の緊急事態宣言下において、「巣ごもりシアター」と題し、10作品のオペラ・バレエを配信した。以降、無観客開催の要請を受けた時期には、公演のライブ配信などが盛んに行われた。

それらの反響を受け、このたびキックオフする新国デジタルシアターでは、観客との出会いの場となることを目指し、新国立劇場の多彩な舞台作品を映像で届ける。年末年始には特別配信として、昨年2月に上演されたオペラ「セビリアの理髪師」、2018年に上演された蓬莱竜太作、宮田慶子演出の演劇「消えていくなら朝」が無料配信される。期間は12月24日15:00から来年1月14日14:00まで。

現在は、オペラ「カルメン」、オペラ研修所修了公演「悩める劇場支配人」(ハイライト)を配信中。また、11月26日から来年1月31日までは、子どもたちとアンドロイドが創る新しいオペラ「Super Angels スーパーエンジェル」も配信される予定だ。新国デジタルシアターを介して家族で、1人で、友人と、思い思いに劇場を体感しよう。

アプリで読む