Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

東京喰種 トーキョーグール【S】インタビュー

窪田正孝「アクションの可能性はどんどん広がっている」

全3回

第2回

19/7/19(金)

7月19日(金)公開の『東京喰種 トーキョーグール【S】』。「週刊ヤングジャンプ」で連載された石田スイによる人気マンガを原作に、2017年に実写映画化された『東京喰種トーキョーグール』の続編にあたる。人間を喰らう種族・喰種(グール)が人間社会に紛れ込んでいる世界。前作で喰種と人間のハーフとなってしまった大学生のカネキ(窪田正孝)。迫りくる様々な試練を乗り越え、喰種の集う喫茶店「あんていく」で、仲間たちと平穏な生活を送っていた。それもつかの間、そこに「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山(松田翔太)があらわれ、カネキに接近する。彼の目的は一体……?

前作に引き続き、喰種と人間の世界のはざまで揺れ動く主人公・カネキを演じる窪田正孝。前作では彼だからこそ表現できたカネキ像に、原作ファンからも絶賛の声があがった。再びカネキを演じたことで、彼は何を思うのか? 

役に没頭していると、そこでしか見られない景色があるんです

─── 『東京喰種 トーキョーグール』の続編となる、『東京喰種 トーキョーグール【S】』ですが、前作に比べて、カネキの成長や変化が感じられるような作品だったと思います。

窪田 前作で亜門(鈴木伸之)と戦ったことで、ひとつ壁を乗り越えたというか、一皮むけた感じはしますよね。色々辛いこともあったけど、少し強くなれた。ただ、今回の敵である月山は、とにかく強いじゃないですか。カネキは、これまでの経験を経て、少し自分に自信を持てるようになったけれど、圧倒的な力で崩されてしまう。そういう部分の描き方が丁寧で、上手くまとまっているんです。ギリギリまで編集していたと聞いて納得しました。

─── 川崎拓也監督、平牧和彦監督と二人体制で撮影されたと伺いました。

窪田 今回、プロデューサーは同じなんですが、監督も含めて結構スタッフさんが変わっていて。事前に前作スタッフと引き継ぎもしっかり行ったと聞いていて、引き継いだものを胸にお仕事をされているように感じました。今回は監督が二人いるんです。川崎監督と、平牧監督。川崎監督が芝居の面を撮られて、映像的な面を平牧監督が担当するような形でした。お二人とも30歳で、同い年の監督は初めてだったんです。これまでCM映像などを撮っていたそうで、おふたりともすごくプレッシャーはあったと思われますが、いい形で変化があったと思います。

─── そうだったんですね。

窪田 カネキと一番絡むトーカは、今回から(山本)舞香ちゃんになりました。すごく単純な言い方ですけど、本当にハマり役だと思いますね。本人もすごくフランクだけど、どこかクールでアウトローな部分もあって、トーカと重なるような部分も持っているんです。月山はアニメ版では宮野真守さんが演じていますよね、あのインパクトも大きくて、アニメを観たらイメージが固まってしまいがちじゃないですか。

─── たしかに。

窪田 でも、それを実写映画で具現化する場合、現実世界で芝居をするときに、アニメのキャラクターをそのままやってしまうのは、違和感が出てきてしまうこともある。そのバランスを(松田)翔太さんは上手くバランスをとっていますよね。月山という人物のお洒落さ、美しさの部分は、翔太さんがもともと持ち合わせてるセンスを生かしているというか。

─── マスクも特徴的ですよね。

アプリで読む