Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

EXILE AKIRA、『この道』完成披露で指揮を生披露 撮影中には大森南朋と2人カラオケで熱唱も?

リアルサウンド

18/11/11(日) 17:02

 大森南朋とEXILE AKIRAがW主演を務める映画『この道』(2019年1月11日公開)の完成披露試写会が、11月11日に東京・TOHOシネマズ 日比谷にて行われ、大森とAKIRAのほか、貫地谷しほり、松本若菜、羽田美智子、佐々部清監督が登壇した。

参考:バイオリンを弾くAKIRAの姿が 北原白秋の半生描く『この道』予告編&ポスタービジュアル公開

 『この道』は、童謡の誕生から100年である今年、詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生を、音楽家・山田耕筰との友情とともに描き出した作品。自由奔放な天才詩人・北原白秋を大森、西欧音楽の普及に尽力した秀才音楽家・山田耕筰をAKIRAが演じている。また、白秋と耕筰を引き合わせた鈴木三重吉役に柳沢慎吾、白秋を見守る与謝野鉄幹・晶子夫妻役には松重豊と羽田、白秋の人生を支える白秋の妻として貫地谷と松本が出演する。さらに、ラジオ本放送時に「からたちの花」を歌唱した歌手役で由紀さおり・安田祥子姉妹が出演。主題歌は、白秋と耕筰が生み出した「この道」を音楽プロデューサー武部聡志が編曲し、EXILEのボーカル・ATSUSHIが歌い上げる。

 司会者より、主演を演じた感想を問われた大森は、「教科書で見ていた偉人なので、失礼のないように演じなければと思ったが、台本を見たらだいぶ失礼に描かれていた」と、フランクに描かれた白秋のキャラクターを説明。一方のAKIRAは、「山田耕筰も実際は破天荒な部分があったらしいが、白秋とコントラストを付けるために生真面目に演じさせていただいた」と、演技のポイントを明かした。また、撮影で特に苦労した点について、大森は「2月でとにかく寒かったが、夏の設定なので、息が白くならないように氷を食べていた。それでだいぶ、気持ちが折れた」と述べ、AKIRAは、「60歳の耕筰を演じるための特殊メイクが、5~6時間かかって大変だった。合唱団で指揮を取るシーンの撮影で、団員の方たちは最初、僕だとは気付かなかった」と語った。撮影中に、大森とAKIRAは2人でカラオケに行き、実際に「この道」を歌うこともあったようだ。

 白秋の三番目の妻を演じた貫地谷は、大森について「初めて(大森の)目を見てお芝居をさせていただいた、とても可愛い目をしている」と、妻役を演じる上で愛情を感じた部分を告白。さらに、与謝野晶子役を演じた羽田は、「白秋さんの色気は、すべての女性に向けられた優しさにあった。与謝野晶子は姉のような存在ではあったが、本当は何か関係があったのではないかと思わせるギリギリの線を演じた」と語った際に、「普段の南朋くんと私の関係に近いかも。いや、別に男女の関係はないんですけれど」と語り、会場を笑わせた。

 佐々部清監督は、大森とAKIRAの共演について、「大森くんが演じる白秋は、思いっきりやんちゃに崩した。対するAKIRAさんは、本当に“EXILE”という感じの人で、すごく真面目です。指揮をしたり、ピアノを弾いたり、バイオリンを弾いたり、老人になってもらったりと、たった1ヶ月くらいの撮影期間で、あらゆることをやってくれた」と説明した。

 イベントの後半では、ゲストとして宝仙学園合唱団が登場。校歌を歌った後に、AKIRAの指揮で「この道」を合唱した。AKIRAの指揮について、「緊張するって言っていた割に堂々としていて、さすがだなと感じた」と褒めると、AKIRAは「東京ドームのライブより緊張しました」と語り、またしても会場が笑いに包まれた。

 佐々部清監督は、「今は映画の“境目”がだんだんわからなくなってきている。例えば、スマホで学生が撮影した映画が、劇場などで流されることがある。それが悪いとは言わないが、本物のプロが集まって映画を撮ると、これだけ豊かな作品になる。プロの仕事を観てほしい」と作品の魅力をアピールし、完成披露試写会は幕を閉じた。(取材・文=松田広宣)

アプリで読む