Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

今年の紅白はアイドルに冷淡? 初出演NMB48が、HKT48や乃木坂46らに先んじたワケ

リアルサウンド

13/11/25(月) 23:46

 第64回NHK紅白歌合戦の出演者が11月25日に発表され、赤組で3組、白組で6組のミュージシャンが初出演を果たすことが明らかになった。

 NHKの音楽番組『MUSIC JAPAN』に女性アイドルが多数出演し、昨今のアイドルブームを牽引していること、そして朝のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』が一大ブームとなったことを受けて、今回の紅白には様々なアイドルグループが出演するのでは、と噂された。しかし実際に女性アイドルで初出演を果たしたのはE-girlsとNMB48のみ。EXILE率いるLDHに所属するガールズ・エンタテインメント・プロジェクトであるE-girlsは、過去にTokyo Idol Festival2012に出演した経験があるものの、果たしてアイドルという枠で語れるのか、という疑問もある。その点を考慮すると、純粋に女性アイドルとして初出演を果たすのは、NMB48だけではないか。

 今年2月にリリースされたNMB48のファーストアルバム『てっぺんとったんで!』には、「12月31日」という、紅白について歌った楽曲が収録されている。昨年の紅白にAKB48、SKE48が単独出演を果たす中、それを逃したNMB48が、テレビ越しに彼女たちの姿を見る悔しさを描いた一曲だ。(AKB48の一員としてNMB48のメンバーも参加していたので、テレビの前というのはもちろん脚色だが)2013年のNMB48は、その悔しさを全面に押し出して活動してきた。『てっぺんとったんで!』のジャケット撮影は、紅白歌合戦の会場でもあるNHKホール前で行い、NMB48のロゴはNHKのそれに似せた。さらには、NHKホールをファイナルとした東日本ツアーも行い、大切なコンサートでは、必ず「12月31日」を歌い続け、紅白出演への強い意志をアピールし続けてきた。

 NMB48の2013年は、紅白という明確なゴールへ向かいひたすら走り続ける1年だった。そのがむしゃらな姿勢は、前年に初出演を果たしたSKE48よりもむしろ、ももいろクローバーZに近いものがあったように思われる。NMB48は念願だった紅白の舞台で、全国のお茶の間を前に、果たしてどんなパフォーマンスを繰り広げるのか。期待が膨らむばかりである。

 また、来年NMB48に続き、紅白出演への切符を手に入れるのは、HKT48なのか(HKT48の指原莉乃は「焦らずに声をかけていただけるまで待つのみです。来年ともいえないので。じっくり頑張りますので応援よろしくお願いします!」とGoogle+で投稿している)、それとも公式ライバルである乃木坂46なのかも気になるところ。グループ間の切磋琢磨から目が離せそうもない。

 少々気が早いが、紅白後のNMB48が次なる目標として何を掲げるのかも気になるところ。SKE48が来年、単独でのナゴヤドーム公演を控えているように、すでに大阪城ホールを成功させたNMB48が大阪ドームでの公演を視野に入れるのは自然な形だろう。しかし、一年間の目標としてドームコンサートを設定するのは、今のNMB48には少々物足りない気もする。

 そんな状況の中、注目したいのは、紅白発表直前の11月19日に初日を迎えたチームNの『ここにだって天使はいる』公演だ。AKBグループ全体で順次はじまる予定となっている新公演の第1弾で、劇場に集まったNMB48ファンのみならず、AKBグループ全体の中でも期待されている。DMMでの配信も、大いに話題となった。本コラムでも何度か、AKBグループの「劇場回帰」を提唱している。チームNの新公演は、まさにその期待に沿った、満足度の高いエンターテイメントに仕上がっているという。

 劇場公演は「AKB村で起きている出来事」と、揶揄されるような、狭いコミュニティの中での話かもしれないが、そのAKB村に多くの住民を迎え入れ、定住させることは、グループ全体にとっても重要な課題であることは間違いない。特に吉本がエンターテイメントのシステムを構築した大阪という街では、地域に根ざした活動を展開し、地元民に愛されるアイドルになることが大切だ。

 日々の努力を積み重ね、NMB48が大阪の日常に受け入れられること――。それが紅白を経たNMB48に課せられる使命となるに違いない。

■エドボル
放送作家。『妄想科学デパートAKIBANOISE』(TOKYO FM水曜25:00-)『安田大サーカスクロちゃんのIdol St@tion』(目黒FM隔週木20:00-)、『Tokyo Idol Festival2013』(フジテレビNEXT)など、テレビ・ラジオなどの構成を担当。サイゾー、SPA!などでもアイドル関連のインタビューを中心に執筆中。

アプリで読む