Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46 西野七瀬や若月佑美を開花させた映像作家 湯浅弘章 グループの基調を担う作品群を考察

リアルサウンド

18/11/27(火) 13:00

 乃木坂46の22ndシングル『帰り道は遠回りしたくなる』には、西野七瀬のソロ楽曲「つづく」が収録されている。グループのセンターを幾度も務めてきた西野の、グループ在籍中最後となるこのソロ作品は、乃木坂46を卒業してゆく彼女の姿に重ね合わせるような楽曲になっている。

参考:乃木坂46 秋元真夏、なぜ全方位から愛される? 西野七瀬や白石麻衣からも信頼される人柄を解説

 深川麻衣や橋本奈々未ら、過去にグループ卒業のタイミングでセンターを務めたメンバーのソロ楽曲がそうであったように、在籍中ラストシングルに収録された西野ソロ楽曲「つづく」もMVが制作された。同曲の監督を務めたのは、湯浅弘章である。

 湯浅弘章は乃木坂46の映像作品において、グループの基調の一端を担ってきた人物。そして、湯浅が乃木坂46という場で自身の才を発揮してゆく過程で、重要なロールを演じたメンバーの一人が西野だった。

 橋本奈々未や伊藤万理華の個人PVの監督を務めていた湯浅が初めて乃木坂46楽曲のMVを担当したのは2014年、9thシングル『夏のFree & Easy』に収録された「無口なライオン」だった。この作品で湯浅は、リップシンクやダンスショットなどを用いない、全編ドラマで構成された映像を制作する。このドラマで主演を務めたのが西野、そして助演は西野と同じく今回の22ndシングルでグループを卒業する若月佑美だった。

 「無口なライオン」のMVでは、転校することを友人たちに打ち明けられないでいる西野と、それを悟りながら気づかないふりをして夏休みに最後の思い出を作ろうとする幼馴染の若月の関係性を軸にした物語が綴られる。以降も湯浅が乃木坂46の作品を手がける際に特徴となっていく印象的な光の使い方、叙情性やノスタルジーを強く喚起する作風はこの時点で存分に発揮され、またドラマを主導していく存在としての西野のポテンシャルも花開きつつあった。そして、とりわけ演技に重点を置いた活動を続けてきた乃木坂46と、湯浅のドラマ作品は抜群の好相性をみせる。

 湯浅はまた、乃木坂46独特の映像コンテンツの性格を駆使し、その可能性を拡張してみせた作家でもある。湯浅のそうした歩みのなかにも、西野や若月の姿はあらわれる。

 10thシングル『何度目の青空か?』で湯浅は、西野の個人PV「天体望遠鏡」の監督を担当する。湯浅はこの個人PVで、前作収録の「無口なライオン」MVの設定を踏まえ、若月らとの別れを経験した西野の転校先での風景をドラマに仕立てた。同作では、「無口なライオン」の終盤で若月が西野に投げかけた言葉を今度は西野の台詞として再解釈し、西野が転入した先の学校で頼もしい上級生になった姿を描いている。

 この作品は、乃木坂46が継続的に設けてきた自由度の高い映像表現の場を用いて、MVと個人PVとをナチュラルに接続してみせるものだった。それはまた、湯浅自身だけでなく柳沢翔や山岸聖太らに見られるように、個人PVを通じて乃木坂46がその作家性に注目し、やがてMVの監督を託してゆくという、このグループが紡いできた映像作品の歴史とも共振する。

 続く11thシングル『命は美しい』において企画されたメンバー二人一組のペアPVで、「無口なライオン」のストーリーはさらに展開する。湯浅は西野と若月のペアPV「インスタントカメラ」の監督を務め、かつて通った学校に再訪する西野が若月と邂逅する一歩手前の情景を描いて一連のシリーズ完結編とした。今作「インスタントカメラ」では、それぞれの学校を卒業したあとは容易に再会できないことが示唆されるだけに、ひとときの邂逅の予感はいっそう切なさを際立たせる。

 これら一連の「無口なライオン」シリーズを通して、活動初期から演技に定評のある若月の安定感が光るのはもちろんのこと、対になる存在としての西野が、表情の微細なニュアンスに長けた演技者であることも見て取れる。微細な表情による表現は、楽曲パフォーマンスの折に西野がたびたび見せてきた特性でもあった。

 一方で、澤本嘉光が継続的に手がけてきた「気づいたら片想い」「今、話したい誰かがいる」そして「帰り道は遠回りしたくなる」といった作品群によって、西野には“儚さ”のイメージが投影され、彼女の代表的な特徴になってゆく。ただし、湯浅弘章作品のなかでみせてきた表現を合わせみるとき、西野の“儚さ”は単なる客体としてあるのではなく、彼女の演者としての繊細な表現がなせる、巧みなアウトプットのひとつであることがわかる。巧みさを巧みさとしてことさらに見せつけるのではなく、ごく当たり前に“儚い”存在であるかのようにみせてしまうことが、彼女の表現者としての一側面だといえるかもしれない。

 乃木坂46在籍時最後の湯浅作品出演となるであろう「つづく」のMVでは10年後を舞台に、乃木坂46としての彼女とは大きく境遇の異なる姿を西野が演じてみせ、彼女自身のキャリアと未来、人生の可能性などを思わせる映像になっている。振り返れば、乃木坂46のフィルモグラフィーにおける湯浅作品は、ことごとく時の移ろいを描写するものとしてあった。乃木坂46×湯浅弘章の代表作ともいえる「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」MVから「行くあてのない僕たち」ショートムービーへの連作などがその顕著な例である。時間の経過とともに環境も己の身体も変わってゆくことの切なさと尊さをたびたび映像で示してみせる湯浅の作品は、乃木坂46のコンテンツに長期に渡って豊かさをもたらしてきた。

 それらを考えるとき、西野七瀬と湯浅弘章による「つづく」のMVは、乃木坂46の映像コンテンツの来歴、演技に重きを置くグループの特性、西野のパフォーマーとしてのキャリアや湯浅が形作ってきた基調など、さまざまな文脈のうえに立つ作品であることが見えてくる。西野や若月らがグループからの卒業を迎えた今作を区切りにして、彼女たちの表現者としての段階も、湯浅と乃木坂46とが紡ぎ出すコンテンツも、新たなフェーズを迎えるのだろう。(香月孝史)

アプリで読む