Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第3回平遥国際映画祭レッドカーペットイベントの様子。

三吉彩花と清水崇、ホラー「犬鳴村」引っさげジャ・ジャンクー主宰の映画祭に参加

19/10/11(金) 16:03

「犬鳴村」が第3回平遥国際映画祭のノクターン部門に招待され、主演を務めた三吉彩花と監督の清水崇が、現地時間10月10日にオープニングセレモニーに参加した。

「犬鳴村」は福岡・旧犬鳴トンネルの先にあるとされ、数々の都市伝説の噂が流れる心霊スポット“犬鳴村”をモチーフにしたホラー。完成前の段階から、すでに海外10カ国以上でのプリセールスが決定している。

ジャ・ジャンクーが主宰する平遥国際映画祭は、10月10日から19日にかけて中国・山西省の古都、平遥古城内の平遥電影宮で開催されるもの。レッドカーペットで現地のファンと触れ合った三吉は「中国のファンの人は熱量が高い人が多くて、写真を撮ってほしいとかもちゃんとアピールしてくれるのでうれしいです。中国の方はあまりホラー映画を観ないと聞いたので、これを機にホラーにハマってくれたら」とコメントした。

清水は映画祭の印象を「比較的、お行儀のいい人たちが多い映画祭だなと思いました(笑)」と述懐。翌日のワールドプレミアについて「反応がいいのは若い男女だと思うので、そういった現地の人たちはもちろん、お行儀のいい人たちもたくさん観てくれるとうれしい。でも、どういう反応があるのか、楽しみな反面怖さもありますね(笑)」と期待を込めた。

「犬鳴村」は、2020年2月7日より全国ロードショー。

(c)2019「犬鳴村」製作委員会

アプリで読む