Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

吉本坂46、正式メンバー46名決定! トレエン 斎藤司&スパイク 小川暖奈が暫定センターに

リアルサウンド

18/8/21(火) 13:00

 8月20日、ヒューリックホール東京(東京・有楽町)にて、秋元康と吉本興業が展開するアイドルプロジェクト・吉本坂46のメンバーお披露目会が開催された。1,747名の応募の中からオーディションを勝ち抜いた46人が発表され、暫定のセンターには斎藤司(トレンディエンジェル)と小川暖奈(スパイク)が抜擢。村上ショージといったベテラン芸人から、元NMB48メンバーなど、ジャンル・年齢・性別を問わない、吉本らしいバラエティにとんだアイドルユニットがいよいよ始動する。

参考:乃木坂46 松村沙友理、グラビア仕事に興味なし?「水着は写真集限定」

 「吉本坂46」とは、「乃木坂46」「欅坂46」に続く第三の坂道シリーズとして、吉本の所属タレントで構成される秋元康プロデュースのアイドルユニット。すでにソニーミュージックからのCDデビューが決定しており、今年4月から『吉本坂46が売れるまでの全記録』(テレビ東京)というドキュメンタリー番組がオンエアされている。参加者はそれぞれ、自己PR動画、水着審査、ダンス審査といった審査をクリアし、秋元康による最終審査に進んだのは80名。その中から選ばれた合格者46人の名前を司会の千原ジュニアが発表した。

 中でも注目を集めたのが、遠藤章造(ココリコ)や河本準一(次長課長)、山本圭壱(極楽とんぼ)といった、世間を騒がせたベテラン中堅芸人たち。特に会場がどっと湧いたのが、4人目に選ばれた山本だった。司会の千原から「お世話になった刑事さんたちにいろいろ心境を語っていただきましょう」といきなり突っこみが入ると、山本は「いないから!」と必死に返答。山本は相方の加藤浩次から「仕事選んでる場合じゃないから、とにかく全部行って来い! と背中をポンと押された形で、それで壇上に上がらせてもらって。一歩一歩、46人で頑張っていきましょう!」と真面目に心境を語った。しかし、千原から「山本さんが入ったことにより、紅白出場はちょっと難しくなった」と言われ、山本は「もう大丈夫です」と意気消沈した。

 また発表会終了後に行われた囲み取材では、記者から河本と山本に「スキャンダルはこういうのは気をつけたいというものは?」という質問が飛び、河本は「恋愛のことですか? 生活のことですか? 6年前のことからしゃべったらいいですか?」と自虐ギャグで笑いを誘う。山本は「むしろ私が吉本坂の風紀委員となって男女関係がいっさいないような、清いアイドルグループとして、頑張れるように目を光らせたいと思います!」と語り、メンバーから拍手が起きる一幕も。

 同じように再ブレイクを狙う芸人として特に注目をされていたのが、欅坂46メンバーと一緒にラジオ『ゆうがたパラダイス』のパーソナリティーを担当している金田哲(はんにゃ)。金田は、自ら“下り坂”と言うはんにゃをもう一度“上り坂”にしたいと意気込んだ。相方の川島章良(はんにゃ)も合格し、コンビでの参加となる。また、本人も他のメンバーも困っていたのが、明日アメリカに帰るという野沢直子。「ここにいるのもはばかれる状況で」と発言する野沢は、記者から「入ったばかりで卒業はないですよね?」と質問されると、「卒業って言ってもいいかもしれないですねー」と冗談混じりに回答。メンバー皆が驚きの声を上げる事態になったものの、今後もその都度参加していくとのこと。

 さらに芸人だけでなく、世界的なダンサーのSHUHOや、タップダンスのHIDEBOHといったプロのダンサーも合格。そして元NMB48の三秋里歩と高野結衣といった面々も選ばれた。三秋は「NMB48で一応、山本彩ちゃんと同じグループの同期で、こんなにも雲泥の差がつくのかと一度体験しているので、きっと今度こそは彩に負けないぐらいおっきく、とりあえず輝けるように頑張ります!」と高らかに宣言し、高野は「最終審査で秋元先生にNMB48のライバルになりますがと言われ、やるからにはNMBを越える勢いで頑張ります! と言っちゃったので、みなさん(NMB48を)越える勢いで頑張りましょう」と、元アイドルたちが再びチャンスを掴もうと決意を表明した。

 会場に秋元からのビデオメッセージが流れ、「面白いバランスになったんじゃないかなと思います」とグループの印象を語る。「今回に受からなかった人、応募しなかった方もですね、ぜひ2期生を募集してます」という予告に、メンバーや観客から総ツッコミが入り、吉本らしい衝撃のオチを迎えた。

 最後には、株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー代表取締役社長・藤原寛氏が暫定のセンターとして小川暖奈と斎藤司の名前を発表。斎藤は「男女が混合しているグループなんで、メンバー内の恋愛とか、そういった問題はやめてください」とリーダーらしい一言、小川は「本当にセンターとは思わなかったので、100倍ぐらいもっと気合を入れて勤めたいと思います」と意気込みを語った。また囲み取材でそれぞれが思うライバルについて聞かれると小川は「坂道シリーズさん。乃木坂さん。欅坂さん。そしててちちゃん(平手友梨奈)」。斎藤は「僕はやっぱ嵐ですね。とりあえずセンターの心得をあっちゃん(前田敦子)に聞こうかなと思って、メル友なんで」と得意気に語り、最後は「選ばれたからにはこそ、皆さんと一緒に、年収5000万を目指したい。年収は冗談ですけど、お客様の笑顔のために、頑張っていきたいと思います!」と宣言し、すでにリーダーとして頼もしい存在感を放っていた。(本手保行)

<吉本坂46 オーディション合格者(五十音順)>
A-NON/池田直人(レインボー)/岩橋良昌(プラス・マイナス)/鰻和弘(銀シャリ)/エハラマサヒロ/遠藤章造(ココリコ)/旺季志ずか/大地洋輔(ダイノジ)/尾形貴弘(パンサー)/小川暖奈(スパイク)/おたけ(ジャングルポケット)/おばたのお兄さん/金田哲(はんにゃ)/川島章良(はんにゃ)/きょん(ラフレクラン)/ケン(水玉れっぷう隊)/こいで(シャンプーハット)/ 河本準一(次長課長)/小寺真理(新喜劇)/斎藤司(トレンディエンジェル)/榊原徹士/♥さゆり(かつみ♥さゆり)/島田珠代(新喜劇)/SHUHO/しゅんしゅんクリニックP/たかし(トレンディエンジェル)/高野祐衣/多田智佑(トット)/田中シングル(8.6秒バズーカー)/てつじ(シャンプーハット)/なだぎ武/西村真二(ラフレクラン)/野沢直子/HIDEBOH/光永/藤井菜央/マサルコ/まちゃあき(エグスプロージョン)/松浦志穂(スパイク)/まひる(ガンバレルーヤ)/三秋里歩/村上ショージ/八木真澄(サバンナ)/山本圭壱(極楽とんぼ)/ゆりやんレトリィバァ/よしこ(ガンバレルーヤ)

アプリで読む