Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

上川隆也と小池徹平が初共演! 堤幸彦演出のスペクタル時代劇『魔界転生』2021年4月より再演決定

ぴあ

20/11/26(木) 6:00

『魔界転生』(演出:堤幸彦 / 柳生十兵衛役:上川隆也 / 天草四郎役:小池徹平)

山田風太郎の伝奇小説を原作としたスペクタル時代劇『魔界転生』が2021年4月より再演されることが決定した。

1967年に『おぼろ忍法帖』として単行本化され、奇抜で摩訶不思議な展開で人気となった『魔界転生』。1981年には深作欣二監督により映画化され、その後はテレビ時代劇や舞台、漫画、アニメ、ゲームなど、数々のジャンルでリメイクされ、名実ともに山田の代表作となった。舞台版は、2018年10月〜12月に「日本テレビ開局65年記念舞台」として堤幸彦演出、上川隆也主演で上演。福岡・東京・大阪の全77ステージで、動員10万人を超える大ヒットを記録している。

2年4カ月ぶりの上演となる今回も、引き続き堤が演出を手がけ、演劇界の重鎮マキノノゾミが脚本を担当。さらに、上川が初演に引き続き、魔界から蘇った剣豪に立ち向かう主人公・柳生十兵衛を演じる。また、十兵衛たちに立ちはだかる最大の強敵・天草四郎役に、近年『キンキブーツ』や『キレイ』をはじめ舞台での活躍も目覚ましい小池徹平。上川と小池は本作で初共演を果たし、令和版の『魔界転生』をド派手なアクションやフライング、LEDによる映像効果を使って、演劇と映像が融合したエンタテインメント時代劇として創り出す。

2021年4月愛知・刈谷市総合文化センターで開幕した後、福岡・博多座、5月に東京・明治座、6月には大阪・新歌舞伎座で上演される。

<堤幸彦(演出)コメント>
2018年に各地を全力疾走した舞台「魔界転生」の再演だ!しかし世情は大きく変化した。同じことはできない。
ストーリーのメッセージは堅持しつつ、マイナスの時代性をプラスに変えた新たな意匠で臨む決意だ。
役者の生身の迫力と変幻する映像が激突する『魔界エンターテイメント』は、走り続けるのだ!

<上川隆也コメント>
2018年に御好評頂いた『魔界転生』を、装いも新たにお届け出来る運びとなりました。
このような御時世ではありますが、御満足頂ける作品をお届け出来る様、精一杯務めさせて頂きたいと思っております。

<小池徹平コメント>
子供の頃から知っている天草四郎を演じられる事をとても嬉しく思います。
お芝居、アクション、映像を駆使したエンターテイメントが詰まった作品になると思うので、皆さんに楽しんでもらえるように頑張ります。
そして、今回初めて共演させてもらう上川隆也さん、演出の堤幸彦さん。お二人とも昔から作品を拝見させてもらっていた方々なので、ご一緒させてもらえる事にとてもワクワクしています。

【公演概要】
『魔界転生』
<日程>
2021年4月:愛知公演 / 刈谷市総合文化センター
2021年4月:福岡公演 / 博多座
2021年5月:東京公演 / 明治座
2021年6月:大阪公演 / 新歌舞伎座
<公式HP>makaitensho.jp

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む