Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ニッポン放送『山崎育三郎の I AM 1936』presents THIS IS IKU 2019~男祭~』」より。(提供:ニッポン放送)

「THIS IS IKU 男祭」で育三郎、龍玄としトートと「闇を広げちゃいます」

19/10/12(土) 9:15

「ニッポン放送『山崎育三郎の I AM 1936』presents THIS IS IKU 2019~男祭~」が、昨日10月11日に東京・東京国際フォーラム ホールAで開催された。

「THIS IS IKU」は、山崎育三郎がパーソナリティを務めるラジオ番組「山崎育三郎の I AM 1936」から派生したエンタテインメントショー。開演するとまず、ディスプレイには山崎の映像が。「えっ、『THIS IS IKU』って今日!?」と慌てる山崎がラジオブースを飛び出し、ニッポン放送の本社から東京国際フォーラムまでを自転車で駆け抜ける様子が映し出された。映像内の山崎が舞台袖にたどり着いた次の瞬間、ステージにはジャージ姿で自転車にまたがった山崎が息を切らして登場し、そのまま舞台に自転車を停めて「Congratulations」を熱唱。山崎はステージで純白の衣装に早着替えしながら伸びやかに歌い、「THIS IS!?」「IKU!!」のコール&レスポンスで会場を一気に盛り上げた。

1組目のゲストには超特急が登場。超特急が主題歌を担当したドラマ「お義父さんと呼ばせて」(2016年)に出演した山崎は、メンバーにならって「プリンス担当! 19号車、IKUです!」と元気いっぱいに自己紹介する。また山崎の無茶振りにより、超特急のユーキがミュージカル「レ・ミゼラブル」より「民衆の歌」に挑む場面も。「戦う者の歌が聞こえるか」と歌い始めたユーキだったが、途中で「テンパって(歌詞を)忘れました!」とアドリブ歌唱を始め、客席を笑いで包む。山崎と超特急は「お祭りマンボ」のコラボレーションで客席を魅了したほか、超特急のタカシと山崎は「フレンド・ライク・ミー」(「アラジン」より)で多彩な歌声を聞かせた。

2組目のゲストはロバートの秋山竜次。タキシード姿の秋山はロバートのコント「トゥトゥトゥサークル」の音楽に乗り、人差し指にラジカセを引っかけて登場する。山崎が「赤ちゃんの笑い方」「子役・上杉みちくん」「雰囲気北欧酒場」など、お気に入りのネタを次々と秋山にリクエストすれば、秋山は「誰も知らないでしょ!?」とツッコみつつも即座に応えて会場を爆笑させる。また2人は結成半年のお笑いコンビという設定で即興コントに挑戦。矢継ぎ早にネタを繰り出す秋山を前に、山崎もえなりかずき(演じる、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の小島眞)のモノマネで応戦した。

最後のゲスト・龍玄とし(Toshl)はまず、山崎と共に「アラジン」より「ホール・ニュー・ワールド」を披露。山崎は男声パートを豊かに、龍玄は女声パートを高らかに響かせる。さらに2人はミュージカル「エリザベート」から「闇が広がる」を歌唱。「闇を広げちゃいます」と笑う山崎が、「としさんは本当に、トートにぴったり!」と太鼓判を押せば、龍玄は「今日は“トーシ”だね!」と茶目っ気たっぷりに応じる。トートとルドルフになりきった彼らはパワフルなデュエットを聞かせ、龍玄は「育三郎、最高だー!」と叫んで舞台を後にした。

1人ステージに残った山崎は“スペシャル・ルキーニ・メドレー”と称し、「エリザベート」のナンバーを歌う。「キッチュ」では客席通路を歩き回りながら、「ミルク」では合唱団の力強いコーラスをバックにしながら客席を煽り、ルキーニさながらにパフォーマンス。さらに本編最後の楽曲として、「モーツァルト!」より「影を逃がれて」を情感たっぷりに歌い上げた。歓声と拍手が鳴りやまない中、アンコールでは再び超特急とロバート秋山が現れ、山崎と共にもう1度「お祭りマンボ」をにぎやかに届ける。最後に山崎がオリジナル曲「Beginning」でステージを締めくくると、会場からは大喝采が。山崎は台風19号の接近に触れながら「帰るまでが『THIS IS IKU』です。気を付けて!」と観客に呼びかけ、イベントは終了した。

なお終演後には、スクリーンで「THIS IS IKU」が2020年秋に開催されることが発表された。詳細は続報を待とう。

「ニッポン放送『山崎育三郎のI AM 1936』presents THIS IS IKU 2019 ~男祭~」2019年10月11日 東京国際フォーラム ホールA セットリスト

01. Congratulations / 山崎育三郎
02. Hot Stuff / 山崎育三郎
03. ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO / 山崎育三郎
04. Revival Love / 超特急
05. お祭りマンボ / 山崎育三郎、超特急
06. フレンド・ライク・ミー(「アラジン」より) / 山崎育三郎、タカシ(超特急)
07. Yell / 山崎育三郎、超特急
08. YAH YAH YAH / 山崎育三郎、秋山竜次(ロバート)
09. 願い / 秋山竜次(ロバート)
10. I LAND / 山崎育三郎
11. リクエストメドレー / 山崎育三郎
12. ホール・ニュー・ワールド(「アラジン」より) / 山崎育三郎、龍玄とし
13. マスカレイド / 龍玄とし
14. 闇が広がる(「エリザベート」より) / 山崎育三郎、龍玄とし
15. キッチュ(「エリザベート」より) / 山崎育三郎
16. ミルク(「エリザベート」より) / 山崎育三郎
17. 影を逃がれて(「モーツァルト!」より) / 山崎育三郎
アンコール
18. お祭りマンボ / 山崎育三郎、超特急、秋山竜次(ロバート)
19. Beginning / 山崎育三郎

「ニッポン放送『山崎育三郎の I AM 1936』presents THIS IS IKU 2019~男祭~』」

2019年10月11日(金)19:00~ ※公演終了
東京都 東京国際フォーラム ホールA

出演(五十音順):山崎育三郎 / 秋山竜次(ロバート)、超特急、龍玄とし(Toshl)
※超特急はカイ、リョウガ、 タクヤ、ユーキ、タカシの5名で出演。

アプリで読む