Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ピクサー最新作『ソウルフルワールド』は魂をふるわす“予測不可能”な物語。監督が語る。

ぴあ

20/12/29(火) 12:00

『ソウルフル・ワールド』

『トイ・ストーリー』シリーズや『リメンバー・ミー』など、記録的なヒットを飛ばすだけでなく、観客から支持され、長年に渡って愛され続ける作品を数多く手がけるピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』がついにディズニープラスでの配信をスタートした。本作が描くのは“現実の世界”と人間が“生まれる前の魂(ソウル)”の世界。共同脚本と監督を務めたピート・ドクターは「本作を見て予測がつかない物語だと思ってもらいたい」と語る。

本作の主人公は、ニューヨークの中学校で非常勤の音楽教師をしている男ジョー。彼は一流のジャズミュージシャンになることを夢見ているが、これまでの人生はうまくいかないことばかり。しかし、元教え子のはからいで千載一遇のチャンスが到来!しかし、浮かれていた彼はマンホールに落下してしまう。

目を覚ましたジョーがいたのは何と、人間が生まれる前に“どんな人間になるのか?”を決める魂の世界。このままいけば彼は天界に召されてしまうが、ついに訪れた夢実現のチャンスを諦めたくないジョーは何とかして現実の世界に戻ろうと奔走し、その過程で人間に生まれたくない魂“22番”に出会う。自分の中に好きなものや、きらめくものがない22番はずっと生まれることを拒否してきたが、何とか生き返りたいジョーと行動を共にする中で変化を遂げていき、やがてジョーも人生の中で本当に大切なものに気づいていく。

ドクター監督は前作『インサイド・ヘッド』で思春期の子どもの“頭の中”を描いたが、本作はさらに考えを進めて、私たちの感じる喜びや悲しみ、魂のスパーク(ときめき)はどこからやってくるのか? を題材に壮大な冒険を描いている。

「映画を観る時、誰もが『こんな映画、今まで見たことない』というサプライズ体験をしたいのではないかと思うんだ。ちょっと脳を刺激されるような体験をしたいんだと思う。そういうことを僕らも楽しんで制作しているけど、本作では『さて、どうアプローチしよう?』と思ったよ。ただの人間ではなく、僕らが見たことのない、何か新しいことをやらなければいけない映画ってどんなものだろう? と思うところから、この映画は始まっているんだ」とドクター監督は語る。

そこで彼らは観客が思わず共感できるようなキャラクターと、ユーモアを盛り込んだ設定、息を呑むほど美しいビジュアルを組み合わせて魂の世界を描き出した。劇中に登場する愛らしい魂たちは、ある方法で誕生後の性格が決まり、魂がときめき、ハートが震えるものを発見することで誕生の準備を完了する。音楽家を目指す主人公ジョーにとってそれは“ジャズ”だろう。将来、一流のアスリートになる魂ならそれはサッカーや野球かもしれない。では、22番のきらめくものは何だろう?

本作は現実と魂の世界を行き来しながら次々にトラブルが起こり、感情が大きく揺れ動くドラマが待っているが、ドクター監督は「とてもユニークでジョークを交えたユニークなシーンもたくさんあるから、観る人が驚いてくれることを願っているよ。本作を見て予測がつかない物語だと思ってもらいたいんだ」と言う。

これまでのピクサー作品の多くは、観客の予想を上回る物語を描いてきた。ポイントは単にサプライズを仕掛けたり、伏線を巧妙にはって回収するだけでなく、物語の最初のゴールに見えていた場所を“超える感情やテーマ”が浮かび上がってくることだ。

名作『トイ・ストーリー3』で主人公のオモチャたちは持ち主の青年と離れたくないと必死に行動するが、やがて当初の目的よりも大事なことに気づく。『インサイド・ヘッド』で少女の頭の中にいた感情ジョイ(喜び)は自分がコントロール室に戻れば問題は解決すると大冒険を繰り広げるが、ある段階でそれだけではダメだと思うようになる。物語の中でキャラクターが発見し、変化し、成長することで、観客の感情にも予想外の驚きや感動が生まれる。これこそがピクサー作品の醍醐味ではないだろうか?

「上手なストーリーテリングとは、見ている側が楽しくて、かつ無理のないようなものでないといけない」と説明するドクター監督は『ソウルフル・ワールド』でどんな物語を描き、どんな予想外の展開を用意しているのだろうか? 結末を迎えるまでワクワクがとまらない本作は、観る人それぞれが自分の人生や日々の中で感じる感情の動き=魂のきらめきを再確認できる一作になっている。

『ソウルフル・ワールド』
ディズニープラスにて独占配信中
(C)2020 Disney/Pixar.

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む