Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『同期のサクラ』新田真剣佑と岡山天音がクランクアップ 「葵役は、本当に難しかったです」

リアルサウンド

19/12/16(月) 6:00

 現在、日本テレビ系にて放送中のドラマ『同期のサクラ』に出演中の新田真剣佑と岡山天音が、クランクアップを迎えた。

参考:ほかクランクアップ写真はこちらから

 本作は、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない、高畑充希演じる忖度できない主人公・サクラが駆け抜けた10年間を1話ごとに1年ずつ描いていく、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)、『過保護のカホコ』(日本テレビ系)などの脚本家・遊川和彦のオリジナル脚本作。サクラを演じる高畑充希のほか、橋本愛、新田、竜星涼、岡山、津嘉山正種、草川拓弥(超特急)、大野いと、相武紗季、椎名桔平らが出演している。

 新田の最後のシーンの撮影場所は、高畑演じるサクラがリハビリを行うリハビリ施設に。最後の収録カットにOKの声がかかった瞬間、新田はガッツポーズを掲げた。座長である高畑から花束を受け取った新田は、「本当に3か月間、皆様お疲れ様でした。葵役は、本当に難しかったです。自分の役ではあるのですが、なかなか“葵”とは仲良くなれませんでした。でも、この役に出会えて本当に良かったなと思えています。少しは成長できたのではないかと。また戻ってきた時には、成長した新田真剣佑をお見せできるよう、これからも頑張ります。本当にありがとうございました!」とコメントした。

 岡山は、5人がよく集った喫茶「リクエスト」を改装したネットカフェにてクランクアップ。花束を受け取り、「愛溢れるスタッフの皆さまと、何より座長の高畑さんの人間力で、本当に楽しく、居心地の良い現場でした。本当にありがとうございました!」とお礼を述べた。 (文=リアルサウンド編集部)

アプリで読む