Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「引っ越し大名!」公開直前凱旋イベントの様子。

星野源、“親友”松重豊との共通点は「AB型の一人っ子」、高畑充希「実は私も…」

ナタリー

19/8/17(土) 23:43

「引っ越し大名!」の公開直前凱旋イベントが本日8月17日に兵庫・姫路城で開催され、キャストの星野源と高畑充希が出席した。

“引っ越し大名”と呼ばれた実在の大名・松平直矩のエピソードをもとにした本作では、莫大な費用がかかる引っ越しを知恵と工夫で乗り切ろうとする姫路藩士たちの奮闘が描かれる。星野が引っ越し奉行に任命される主人公・片桐春之介、高畑が春之介をサポートする於蘭を演じる。ロケ地となった姫路城前に登場した星野と高畑は「とても景色がいいですね!」「撮影時に戻ったような気分になりました」と挨拶した。

本作にちなみ「挑戦したい超難関プロジェクトは?」という質問が飛ぶと、星野は「船の免許を取りたいです。1年以上勉強しているのですが、なかなか進まなくて……」と回答。高畑は「英語の勉強をしているのですが、本場のミュージカルのジョークもわかるようになりたいです」と明かす。イベントでは、姫路工業高校應援團が星野と高畑へエールを贈るパフォーマンスも披露された。

2人は兵庫・アースシネマズ姫路で行われた舞台挨拶付き上映会にも参加。撮影時の思い出を聞かれると、星野は「(濱田)岳ちゃんのアドリブや演技が面白くて、上司役から怒られるシーンが多い中で、コメディ的な部分を一緒にできたのが楽しかったです。撮影中も(高橋)一生くんと岳ちゃんがずっとふざけながら、じゃれていましたね」と振り返る。さらに、本作で松重豊と初めて会ったという星野は「親友と出会えたなと思えました。移動中もずっとメールでやりとりしていて、現場で恋に落ちたみたいな気持ちで(笑)。共通点はAB型の一人っ子ということだねと話していました」と松重との仲良しエピソードを披露。すると、高畑が「私も実はAB型の一人っ子なんです」と告白し、会場からは拍手が起こった。

犬童一心が監督を務めた「引っ越し大名!」は、8月30日より全国ロードショー。

(c)2019「引っ越し大名!」製作委員会

アプリで読む