Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「12か月の未来図」ポスタービジュアル

元名門校教師と問題児たちの交流描くフランス映画「12か月の未来図」公開

ナタリー

18/12/18(火) 12:00

フランス映画「12か月の未来図」が、4月6日より東京・岩波ホールほか全国で公開される。

本作の主人公は、フランスが誇る名門アンリ4世高校の教師フランソワ。彼はある日突然、パリ郊外の教育困難中学に送り込まれる。移民などさまざまなルーツを持つ生徒たちを相手にカルチャーショックを受けながらも、問題だらけの生徒たちと次第に打ち解けていくフランソワ。そんな中、お調子者のセドゥがベルサイユ宮殿でトラブルを起こし退学処分に。フランソワはそれまで感じたことのなかった使命感に燃え、セドゥの未来を守るための闘いに挑む。フランソワを「最初の人間」のドゥニ・ポダリデスが演じたほか、「ジュリアン」のレア・ドリュッケールらがキャストに名を連ねた。

移民の子供たちが直面する学力低下と教育の不平等は、現在のフランスにおける大きな社会問題。監督のオリヴィエ・アヤシュ=ヴィダルはリアルな教育現場を描くためにある中学校へ2年間通い続け、500名の生徒と40名の教師とともに学校生活を送って本作を完成させた。なおアヤシュ=ヴィダルは2月に来日する。

(c)ATELIER DE PRODUCTION - SOMBRERO FILMS -FRANCE 3 CINEMA - 2017

アプリで読む