Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「日蓮」は“スーパー歌舞伎”とつけてもいいくらい?演出・出演の猿之助が意気込み語る

ナタリー

市川猿之助(c)松竹

「六月大歌舞伎」に出演する市川猿之助の取材会が、昨日5月20日に東京・池上本門寺で行われた。

猿之助が蓮長後に日蓮を勤める「日蓮ー愛を知る鬼(ひと)ー」は、「六月大歌舞伎」の第3部で上演される作品で、横内謙介が構成・脚本を担当し、横内と猿之助が共同で演出を手がける。猿之助は「2021年が『日蓮聖人降誕八百年』という記念の年ということで、ありがたいことに私に白羽の矢が立ちました」と出演の経緯を説明。しかし、オファーを受けたときはコロナ禍以前で、この状況下での上演になるとは思っていなかったと明かす。「でも日蓮様は何度もご法難に遭っているお方。その“万難を排してでもやる”という精神に支えられています。なんとか初日を迎え、千秋楽まで興行ができるよう、ひたすら無事を祈る次第」と思いを述べた。

副題の「愛を知る鬼(ひと)」の“鬼”には、角がない。猿之助はこのことに触れ、「鬼子母神もそうですが、日蓮宗の鬼には角がありません。なので、“鬼”の字から角を取って、今回は“ひと”と読ませています。日蓮様の手紙を読むと、優しく愛がある方だということがよくわかる。怒ったり、世の中に不満を持つのは、愛があるゆえのこと。愛するがこそ、怒るんですね」とコメントした。

劇中では、日蓮の若かりし頃を中心にしたストーリーが展開する。内容について、猿之助は「『スーパー歌舞伎』とつけてもいいくらい」と自信を見せつつ、「劇中での蓮長(後の日蓮)の気持ちと、コロナ禍にある現代の私たちの気持ちとは重なる部分があります。世の中を救いたい、人々に幸せになってほしいという、その根本の気持ちを伝えたいですね。“日蓮”というと、『宗教の芝居か』と敬遠される方もいらっしゃるかとは思いますが、心温まるものになるかと。内容で感動させられて、心にしみる芝居をしたい」と意気込みを述べた。

最後に、仏教と歌舞伎に通じる部分を問われた猿之助は「“生きる力”をお授けできるかもしれないところ」と話し、「絶望している方に、『何かわからないけど、もう1日生きてみようかな』という力を与えられるのが芝居だと思っていて。信仰の力もそこにあるのではないかと」と言葉に力を込めた。公演は、6月3日から28日まで東京・歌舞伎座にて。

「六月大歌舞伎」

2021年6月3日(木)~28日(月)
東京都 歌舞伎座

第1部

一、御摂勧進帳 加賀国安宅の関の場

出演
武蔵坊弁慶:中村芝翫
富樫左衛門:中村鴈治郎
斎藤次祐家:中村亀鶴
駿河次郎:中村歌昇
近江三郎:市川男寅
山城四郎:中村歌之助
出羽運藤太:中村吉之丞
新庄鈍藤太:中村松江
常陸坊海尊:大谷桂三
源義経:中村雀右衛門

二、夕顔棚

作:川尻清潭

出演
婆:尾上菊五郎
里の男:坂東巳之助
里の女:中村米吉
爺:市川左團次

第2部

桜姫東文章 下の巻

作:四世鶴屋南北
補綴:郡司正勝

出演
清玄 / 釣鐘権助:片岡仁左衛門
粟津七郎:中村錦之助
葛飾のお十:片岡孝太郎
奴軍助:中村福之助
吉田松若:片岡千之助
局長浦:上村吉弥
役僧残月:中村歌六
桜姫:坂東玉三郎

第3部

一、銘作左小刀 京人形

出演
左甚五郎:松本白鸚
京人形の精:市川染五郎
奴照平:大谷廣太郎
井筒姫:中村玉太郎
栗山大蔵:松本錦吾
女房おとく:市川高麗蔵

二、日蓮聖人降誕八百年記念「日蓮ー愛を知る鬼(ひと)ー」

構成・脚本・演出:横内謙介
演出:市川猿之助

出演
蓮長後に日蓮:市川猿之助
成弁後に日昭:中村隼人
善日丸:市川右近
道善房:市川寿猿
賤女おどろ:市川笑三郎
日蓮母梅菊:市川笑也
阿修羅天:市川猿弥
伝教大師最澄:市川門之助

※「日蓮ー愛を知る鬼(ひと)ー」の鬼は、角なしが正式表記。またビジュアルを撮影したみなもと忠之のみなもとは、首にさんずいが正式表記。

アプリで読む