Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

チャドウィック・ボーズマン『21ブリッジ』4⽉9⽇公開へ ルッソ兄弟のインタビュー映像も

リアルサウンド

21/2/12(金) 19:00

 チャドウィック・ボーズマン最後の劇場公開主演・プロデュース作品『21ブリッジ』の公開日が4⽉9⽇に決定し、本作のプロデューサーであるルッソ兄弟のインタビュー映像が公開された。

 本作は、ニューヨークのマンハッタン島を舞台に、警察官の父を殺害された過去を持つアンドレ刑事(チャドウィック・ボーズマン)が、孤立無援の中、街ぐるみの犯罪に挑むクライム・アクション・ミステリー。「マンハッタン島にかかる21の橋を全て封鎖し、この島を警官で埋め尽くす」というアイデアに、ボーズマンが「脚本を読んで面白くて、観たことのない作品になると思った。そしてその通りの出来になった」と語るほど惚れ込んだ。主演のみならずプロデュースという形で参加したボーズマンだが、惜しくも全米公開からわずか9カ月後の8月28日、ガンのためロサンゼルスの自宅で43歳の若さでこの世を去ってしまった。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の監督ほか、多くのヒット作を手がけるジョー・ルッソ&アンソニー・ルッソ兄弟が製作を務め、『ゲーム・オブ・スローンズ』などのブライアン・カークが監督を担当。共演には、『アメリカン・スナイパー』のシエナ・ミラー、『バトルシップ』のテイラー・キッチュ、『セッション』のJ・K・シモンズらが名を連ねている。

『21ブリッジ』特別映像

 公開されたのは、ルッソ兄弟のインタビューに本編映像を交えた特別映像。8⼈の警官を殺した強盗犯と、それを追跡する刑事のクライム・アクションである本作について、「⼦供の頃 に夢中だったNYの刑事ものを完全な現代版に再現した」と製作のアンソニーは語る。また、主⼈公であるアンドレ刑事を演じたボーズマンについて「チャドウィックは発想⼒がすごい」とジョーがコメントすると、「製作としての活⼒や集中⼒もね」とアンソニーが続け、俳優としてだけでなく、プロデューサーとしての⼿腕にも称賛の声をおくる。

 Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』での好演で賞レースを席巻中、ゴールデングローブ賞でも主演男優賞にノミネート中のボーズマンの本作での演技については「複雑な主⼈公を演じきった、⾒る⼈に多くを問う。楽しみつつ、考えさせられる」とその演技の深みをジョーは指摘、またアンソニーは、「実⼒派俳優の名演に⽬を奪われる」とミラーやシモンズという共演者たちにも敬意を表した。映像では、アンドレ刑事がマンハッタン封鎖を決断するシーンや、ミラー演じるフランキー刑事と共に、凶悪犯を追跡する⻤気迫るシーンのほかに、ボーズマンとカーク監督の撮影現場での様⼦や、「動き出したら⽌まらない!」と映画の魅⼒について興奮気味に語るボーズマンを⾒ることができる。

■公開情報
『21ブリッジ』
4⽉9⽇(金)全国ロードショー
監督:ブライアン・カーク
脚本:アダム・マーヴィス、マシュー・マイケル・カーナハン
製作:ジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ
出演:チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー、テイラー・キッチュ、J・K・シモンズほか
配給:ショウゲート
2019/中国・アメリカ/99分/原題:21 Bridges
(c)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:21bridges.jp
公式Twitter:@21bridges_jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/21Bridgesmoviejp

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む