Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」

リアルサウンド

14/9/27(土) 7:00

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の9月26日放送回にAKB48JUJUSuperfly、SEKAI NO OWARI、Sexy Zone、ポルノグラフィティが出演した。

 1番手はSexy Zone。中島健人は「アーティストが選んだ MステBESTパフォーマンス50」でZARDのパフォーマンスを「理想の女性」として挙げ、「あの横顔とか、中々目を合わせてくれない感じとか…凛とした、落ち着きのある女性が好きなんですよね」とメロメロに。その後、250人のファンを前に「BAD BOYS」「男 never give up」を歌い上げた。

 Superflyは、越智志帆が「アーティストが選んだ MステBESTパフォーマンス50」でファレル・ウィリアムスのパフォーマンスを挙げ、「ご一緒できたことに感動して、番組なのを忘れて踊っていた。私が歌った後に『Great!』って言ってもらえた」と語ると、タモリも「聴いてると何とも楽しくなってくるんだよね」と応え、多数のオーディエンスをステージの上に招き入れた「Happy」を披露した時のことを振り返った。その後、Superflyはドラマ『~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の主題歌である「愛をからだに吹き込んで」と「Bi-Li-Li Emotion」をパワフルなボーカルで歌い上げた。

 続いてはAKB48が登場。指原莉乃(HKT48)は「アーティストが選んだ MステBESTパフォーマンス50」で、モーニング娘。(当時のグループ名で表記)が約6年ぶりに同番組に出演した際の映像を挙げ、「私がアイドルを目指したのはモーニング娘。さんを見てだったので、この録画は消せないですね。ずっと見てます。道重(さゆみ)さんが気合い入っていて、卒業前に改めてみるとまた違いますね」と、全力でモーニング娘。のことを語った。

 その後、AKB48のパフォーマンスでは、宮脇咲良、島崎遥香、渡辺麻友、松井珠理奈、山本彩の5人が男装し「RIVER」を披露すると、他選抜メンバーが集まり「フライングゲット」へ。続く「心のプラカード」では宮脇、島崎、渡辺、松井珠、山本の5人が早着替えを披露し、メドレー形式で楽曲を歌い上げた。

 最後は、デビュー15周年を迎えるポルノグラフィティが登場。デビュー曲「アポロ」と、新シングル「俺たちのセレブレーション」を披露し、番組が終了した。

 その他、SEKAI NO OWARIが新曲「Dragon Night」をテレビ初披露したほか、JUJUは「やさしさで溢れるように」「ラストシーン」の2曲をしっとりと歌い上げた。嵐はハワイから生中継で参加し、「A・RA・SHI」「マイガール(録画)」を披露。また、「アーティストが選んだ MステBESTパフォーマンス50」では1位にTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTの“t.A.T.uドタキャン事件”が輝いた。

 豪華アーティストたちが様々な名場面を振り返った今回の放送。嵐やポルノグラフィティなど、記念の年を迎えるアーティストも多数出演し、節目に相応しい3時間スペシャルとなった。

(文=向原康太)

アプリで読む