Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

井浦新が体現する苦悩 『なつぞら』で描くベテランと若手の対立

リアルサウンド

19/7/31(水) 12:00

 なつ(広瀬すず)は坂場(中川大志)から突然のプロポーズを受けた。『なつぞら』(NHK総合)第105話では「僕の気持ちは、ずっと分かっていたでしょう」と言う坂場に「全然わかりませんでした」となつは一瞬、困惑する。そして、その後「はい。わかりました」と返事をした。この答えは坂場にとって思いもかけないものだったようで、今度は坂場が戸惑ってしまった。

 だが、なつたちの長編映画制作は難航気味だった。坂場は従来のやり方とは違う方法で映画をつくろうとする。坂場のこだわりは強く、なつが描くキャラクターになかなか納得しない。その結果、脚本づくりが遅れ、予定の8月になっても作画の作業に入れずにいた。見かねた仲(井浦新)が坂場たちに声をかけるのだが、坂場や神地(染谷将太)は仲の意見を受け入れようとしない。仲に対する坂場の態度に、なつは苛立ちを見せる。

【写真】仲を悩ませる坂場と神地

 なつは仲の本音を聞くことになる。「仲さんは、あの人(坂場)がやろうとしていることは間違っていると思いますか」というなつの問いに仲は「わからない」と答え、「アニメーターとして、自分の限界を突きつけられたみたいで悔しいんだ」と本音を明かした。井浦は、これまで、ベテランアニメーターである仲の冷静な姿を演じていた。しかしこの時見せた表情は、若手の意志を理解できない悔しさやアニメーターとして力不足な自身に対する憤りを表す表情だった。仲と坂場は違う価値観だが、2人のアニメに対する強い思いが伝わってくる。

 なつが描くキャラクターに納得しない坂場は、なつに厳しい言葉をぶつけた。なつの目からは怒りや苛立ちが伝わってくる。アニメーターたちに「自分を超えてほしい」と訴えかける坂場だが、その場の空気は重苦しい。

 私情を仕事に持ち込まず、強い意志を貫く坂場。しかしその意志が、なつだけでなく他のアニメーターとの関係にもヒビを生じさせるのでは、と不安になる。

 「なっちゃんに、頼みがあるんだけど」と、なつに何かを手渡した仲。仲の行動が、なつたちの長編映画制作を前進させることに期待したい。

(片山香帆)

アプリで読む