Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「草なぎ剛のはっぴょう会」の様子。(撮影:新保勇樹)

草なぎ剛“日本一幸せな環境”で弾き語ったはっぴょう会「新しい挑戦追い求めて」

ナタリー

19/11/29(金) 4:00

草なぎ剛が昨日11月28日に東京・昭和女子大学 人見記念講堂でライブイベント「草なぎ剛のはっぴょう会」を開催した。

この公演は、7年前にギターを始めた草なぎがこれまでに書き貯めていたオリジナル楽曲をファンに披露するために催されたもの。11月27、28日の2日間にわたり人見記念講堂を舞台に行われたライブには両日約2000人、合わせて約4000人のファンが集まった。またライブにはゲストアーティストとして、27日に奥田民生(ユニコーン、カーリングシトーンズ)と和田唱(TRICERATOPS)が、28日には斉藤和義(MANNISH BOYS、カーリングシトーンズ)や田島貴男(ORIGINAL LOVE)といったギターボーカルの名手たちも登場。草なぎの晴れ舞台に華を添えた。

ジョニ・ミッチェル「Big Yellow Taxi」が鳴り止み客電が落ちると、草なぎはスタンドマイクとギターのみが置かれた簡素なステージに姿を見せた。スカジャンにジーンズといったカジュアルスタイルに身を包んだ草なぎは背筋を伸ばし一礼。そして「コード4つしか知らないはっぴょう会、コード4つで作ったテーマ曲、聴いてください!」と、オリジナル曲「はっぴょうかいのテーマ」でライブをスタートさせた。草なぎが思い切りギターをかき鳴らした次の瞬間、後ろの幕が落ちて観客の目に飛び込んできたのは、草なぎがコレクションしているビンテージのGジャンやスカジャン、ブーツ、そしてハーレーなどがめいっぱいに並べられたガレージ空間。草なぎの並々ならぬ気合いとこだわりが感じられるオープニング演出に、ファンは思わず「わあっ!」と驚きの歓声を上げた。

「すべてはこの曲から始まりました」と、2曲目にはスローな「いま・新しい地図」を丁寧に歌い届けた草なぎ。続く「僕のギターで」は愛用のヴィンテージギターへの思いをつづったナンバーで、1953年製のギターを手にした草なぎは「僕は古い物が好きで。でもこのギターは『なんでお前が拾うんだよ』と思ってるかもしれない(笑)」と笑いながらも、力強い弾き語りで愛器への思いを歌い叫んだ。そののちに届けられた井上陽水「夢の中へ」は「この曲がギターを初めて楽しいと思わせてくれた」という、草なぎにとって思い入れの深い楽曲。アコーディオンとドラムの伴奏に乗せ、草なぎが軽やかにギターを鳴らすと、客席では手拍子が起き場内は朗らかなムードに包まれる。「渋谷を通ったときにイメージが湧いた」という「渋谷バラッド」では、渋谷の街の情景と“君と僕”の関係性を切なげなボーカルで表現する草なぎの歌に、ファンはじっくりと耳を傾けた。

ギターを次々と持ち替えながら自作曲をテンポよく披露していき、いつものステージとはひと味違った姿を見せる草なぎだが、ピックをおでこに貼り付けながらしゃべったり、「間違えちゃった!」と素直に告白したりと飾らない振る舞いで雰囲気を和ませる場面も。「twist shake」の入りを一度ミスしてその場で少し練習をする姿には、会場中から温かな声援が送られた。自身のパートの締めくくりに披露した「I Love Pure」では、ファンにコール&レスポンスへの参加をリクエスト。草なぎの要求に会場中が大きな歌声で応えると、草なぎは「サンキュー!」と晴れやかな笑顔を浮かべた。

後半はゲストアーティストによるライブパートが展開され、草なぎはステージの奥の椅子に腰掛けながら、田島と斉藤の演奏を間近で堪能した。先に登場した田島は「フィエスタ」を1曲目に選び、巧みなギターテクニックとパワフルなボーカルワークを惜しみなく発揮する圧巻の弾き語りで草なぎを大興奮させる。2曲目の「接吻」は、この曲のYouTube動画を週2回ペースで欠かさず観ているという草なぎが熱烈にリクエストした楽曲。パフォーマンス前、ステージに並ぶギターを眺めていた草なぎが「これカッコいいですね!」と気に入っていた藍色のジャズギターを構えた田島は、温かなサウンドと甘い歌声で観客と草なぎを魅了した。そして田島のパフォーマンスタイムの最後には、草なぎとのコラボによる「月の裏で会いましょう」が披露された。この曲を気に入り田島にコラボを申し入れたという草なぎは、セッションを終えると「間違えちゃったけど、田島さんがすごすぎて俺の間違いがわからなーい!」と笑いながら田島に語りかけ、2人はがっちりと握手を交わして達成感を分かち合っていた。

続いて登場した斉藤のことを、草なぎは「初めて人の弾き語りを観て、そのエネルギーに感銘を受けた人」だとファンに紹介した。セッティングを興味津々な様子で凝視する草なぎを「静かにしてもらっていいですか(笑)」と制し、斉藤は「やさしくなりたい」でライブをスタートさせる。椅子に腰掛けた斉藤がパワフルな弾き語りで1曲目から客席を圧倒するパフォーマンスを見せると、草なぎは感激の表情を浮かべ、後ろを振り返ってそのリアクションを確認した斉藤は「見られてる……」と笑いながらつぶやいた。

斉藤はそのあとも「月光」「歌うたいのバラッド」と人気曲を連投し、豊かな歌声をホールいっぱいに響かせた。草なぎとのコラボパフォーマンスでは「ウサギとカメ」が披露され、2人はまっすぐなハーモニーでファンを魅了する。田島、斉藤とのセッションを終えた草なぎは「僕が一番楽しんじゃってる!」と笑顔を浮かべ「日本一幸せな環境でギターを弾けていると思います」と喜びを噛みしめた。そして「皆さんも、いくつになっても新しい挑戦を追い求めて。一緒に楽しみましょう!」と観客に呼びかけ、この日2度目の「はっぴょうかいのテーマ」で本編を終えた。

アンコールでは草なぎ、田島、斉藤による「歩いて帰ろう」が届けられ、観客は総立ちになってステージ上の3人と一緒に曲を大合唱した。温かなムードが充満する中、草なぎは「昨日から夢のような感じ。宝くじの当たりよりすごい! この2日間、本当にありがとうございました」と感謝。「これからも練習して、少しでもいい音楽を届けられるようにがんばります」とファンに誓い、最後に愛犬・クルミへ宛てた歌「クルミちゃんの唄」を高らかに歌い上げて「はっぴょう会」の幕を下ろした。

なお終演後には取材陣へ向けた囲み取材が行われ、草なぎは「今までも音楽に触れてコンサートもたくさんやってきたけど、自分の中では新しい音楽の世界に飛び込んだような気持ち。それゆえに新しい自分の感情が出てくる感覚があって、楽しかったです」と言葉に充実感をにじませた。初の弾き語りライブのために作り上げたガレージ風のステージセットは自身のこだわりが詰め込まれたものだったといい、草なぎは「自分の持ち物だから搬入にも立ち会ったし、配置も自分で決めました。本物のビンテージしか置いていないし、完成したとき『ずっと見ていられるな』と思いました(笑)。僕の人生が詰まっていますよ」と語る。そして「今日のステージは僕以外全部“本物”。俺もいつか本物のギターが弾けるようになりたいな」と笑いながら「やることは真面目に。これからも続けていきたいと思います」と誓っていた。

草なぎ剛「草なぎ剛のはっぴょう会」2019年11月28日 昭和女子大学 人見記念講堂 セットリスト

草なぎ剛

01. はっぴょうかいのテーマ
02. いま・新しい地図
03. 僕のギターで
04. カメレオン
05. 夢の中へ(オリジナル:井上陽水)
06. 渋谷バラッド
07. twist shake
08. I Love Pure

田島貴男

09. フィエスタ
10. 接吻
11. 朝日のあたる道
12. フリーライド
13. 月の裏で会いましょう with 草なぎ剛

斉藤和義

14. やさしくなりたい
15. 月光
16. 歌うたいのバラッド
17. ウサギとカメ with 草なぎ剛

草なぎ剛

18. はっぴょうかいのテーマ
<アンコール>
19. 歩いて帰ろう(草なぎ剛、田島貴男、斉藤和義)
20. クルミちゃんの唄

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記。

アプリで読む