Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

吉川愛×萩原みのり×今泉佑唯『転がるビー玉』予告編公開 主題歌は佐藤千亜妃の書き下ろし楽曲

リアルサウンド

19/11/15(金) 8:00

 映画『転がるビー玉』の主題歌が、佐藤千亜妃による書き下ろしの「転がるビー玉」に決定し、あわせて予告編が公開された。

 本作は、女性ファッション誌『NYLON JAPAN』の創刊15周年プロジェクトとして製作された長編映画。渋谷の再開発で取り壊しされることが決まった、床が少し傾いた古い家で共同生活を送った愛、瑞穂、恵梨香のささやかな日常を描く。監督を務めたのは、『サラバ静寂』『魔法少年☆ワイルドバージン』の宇賀那健一。愛を吉川愛、恵梨香を今泉佑唯、瑞穂を萩原みのりが演じるほか、笠松将、大下ヒロト、神尾楓珠らが出演する。

 公開された予告編は、夢を追い求めるモデルの愛(吉川愛)、編集者の瑞穂(萩原みのり)、ストリートミュージシャンの恵梨香(今泉佑唯)のささやかな期間限定の共同生活の様子から映し出される。佐藤による書き下ろし楽曲「転がるビー玉」が流れ、3人がさまざまな人たちと出会って刺激や言葉をもらい、想いや感情を吐き出したり、分かち合ったりしながら過ごしていく何気ない日々のシーンが続く。「どこにも行けない、私たちへ。」というキャッチコピーと共に、変わりゆく今を生きる人々に寄り添うような映像に仕上がっている。

【動画】『転がるビー玉』予告編

■佐藤千亜妃 コメント
生きていれば少しずつ傷が増えていくけど、同時に少しずつ重荷がとれていく。上手く言葉に出来ない想いを抱えている全ての若者に、この作品が届きますように! 3人の感情に音楽で寄り添うことが出来たことを、とても光栄に思います。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む