Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©「痛くない死に方」製作委員会

柄本佑主演、「在宅医療」描く高橋伴明監督の映画『痛くない死に方』

CINRA.NET

19/8/17(土) 20:00

映画『痛くない死に方』が2020年夏に公開される。

兵庫・尼崎で在宅医として活動する長尾和宏の著書『痛くない死に方』『痛い在宅医』を映画化する同作は、娘・智美の意向で痛みを伴いながら延命治療を続ける入院ではなく「痛くない在宅医」を選択したという末期の肺がん患者・井上敏夫を担当することになった在宅医の河田仁が主人公。敏夫が結局苦しみ続けて死んでしまったことから自分を責める智美の言葉に対峙する河田は、先輩の在宅医・長野浩平に相談し、現実を突きつけられる、というあらすじだ。

主人公の在宅医師・河田役を演じるのは柄本佑。監督、脚本を『赤い玉、』『禅 ZEN』などの高橋伴明が務める。撮影は8月8日にクランクインした。

また同作では協賛金を募集中。2020年2月末日まで1口10,000円から何口でも協賛できる。リターンとして完成披露試写会への招待、エンドロールへのクレジット、撮影用台本のプレゼントなどが用意されている。詳細は『痛くない死に方』のオフィシャルサイトを確認しよう。

高橋伴明監督コメント

65歳を過ぎた頃から「死」というものを意識し始めました。自分はどのように死にたいのか……。そんな時「在宅医療」という言葉に出会い、心にヒットしました。
この映画は私の「死に方の提案」です。ローバジェットながら理想のスタッフ、キャストが集結してくれました。重いテーマですが、楽しく観て、深く考えていただければ幸いです。
この作品が遺作だと思って頑張ります。

アプリで読む