Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「京マチ子映画祭」ビジュアル

「京マチ子映画祭」開催、国内初上映の「赤線地帯」4K修復版など32本

ナタリー

18/12/27(木) 18:00

女優・京マチ子のデビュー70周年を記念した特集上映「京マチ子映画祭」が、2月23日より東京・角川シネマ有楽町ほかで順次行われる。

上映されるのは、京が出演した32作品。黒澤明が監督を務めた「羅生門」、溝口健二による「雨月物語」「赤線地帯」、衣笠貞之助がメガホンを取った「地獄門」、市川崑の「鍵」「ぼんち」、小津安二郎の「浮草」、増村保造の「女の一生」などがスクリーンにかけられる。

なお「雨月物語」「赤線地帯」「浮草」は4K修復版での上映。「赤線地帯」4K修復版の国内上映はこれが初となる。YouTubeでは映画祭の予告編が公開中だ。

京マチ子映画祭

2019年2月23日(土)~ 東京都 角川シネマ有楽町ほか
前売り料金:1回券 1000円 / 5回券 5000円
当日料金:一般 1600円 / シニア 1100円 / 映画サービスデー、水曜サービスデー、日曜最終回 1100円 / 学生 1000円
<上映作品>
「赤線地帯(4K修復版)」
「いとはん物語」
「鍵(1959年)」
「羅生門」
「偽れる盛装」
「浮草(4K修復版)」
「雨月物語(4Kデジタル復元版)」
「女の勲章」
「地獄門」
「藤十郎の恋(1955年)」
「夜の素顔」
「流転の王妃」
「愛染かつら(1954年)」
「赤線の灯は消えず」
「浅草紅団」
「浅草の夜」
「あなたと私の合言葉 さようなら、今日は」
「お傳地獄」
「踊子」
「女の一生(1962年)」
「悲しみは女だけに」
「黒蜥蜴(1962年)」
「源氏物語(1951年)」
「婚期」
「細雪(1959年)」
「新・平家物語 義仲をめぐる三人の女」
「千姫」
「痴人の愛(1949年)」
「虹いくたび」
「女系家族」
「ぼんち」
「有楽町で逢いましょう」

(c)KADOKAWA

アプリで読む