Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ワレリー・ゲルギエフ(芸術総監督、首席指揮者) (c)Alexander Shapnov

ワレリー・ゲルギエフの指揮する「マリインスキー歌劇場 チャイコフスキー・フェスティヴァル2019」の面白さ

ぴあ

19/11/22(金) 12:00

モーツァルトとベートーヴェンの凄さを表現するときに使われる言葉が、オペラや交響曲、協奏曲に室内楽などなど、クラシックの主要ジャンル全てにおいて最高の作品を遺した「オールラウンダー」。この2人に続く作曲家の1番手がロシアのチャイコフスキーであることは、遺された作品の素晴らしさからも一目瞭然。疑問の余地がない。

「チャイコフスキー・フェスティヴァル2019」と題された今回のゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場公演では、その主要作品がまとめて披露されるのだからファンにはたまらないプレゼントだ。出演者はといえば、現代を代表するカリスマ指揮者ゲルギエフはもとより、アレクサンドロ・ブズロワ(チェロ)、五嶋龍(ヴァイオリン)、辻井伸行(ピアノ)という話題のソリストを集めた布陣も大注目のこの公演。“クラシック史上屈指のメロディメーカー”と謳われるチャイコフスキーの真髄がたっぷり堪能できそうだ。

●公演概要

・11月30日(土)、12月1日(日)東京文化会館 『スペードの女王』<全3幕>
・12月2日(月) サントリーホール 『マゼッパ』<全3幕>(コンサート形式)
・12月3日(火) アクトシティ浜松 大ホール(ヴァイオリン:五嶋龍)
・12月5日(木) サントリーホール (チェロ:アレクサンドル・ブズロフ)
・12月6日(金) 東京文化会館(ヴァイオリン:五嶋龍)
・12月7日(土) 東京文化会館
(13:00~ピアノ:セルゲイ・ババヤン、辻井伸行/18:00~ピアノ:セルゲイ・ババヤン)
・12月8日(日) フェニーチェ堺 大ホール(ヴァイオリン:五嶋龍)

●ワレリー・ゲルギエフ(芸術総監督、首席指揮者)

マリインスキー劇場芸術総監督、首席指揮者。ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者。チャイコフスキー国際コンクール組織委員会委員長。PMF芸術監督。

「白夜の星」音楽祭、ロッテルダム・ゲルギエフ音楽祭(オランダ)、モスクワ復活祭音楽祭などの音楽祭を創設し、芸術監督、音楽監督として活躍。

マリインスキー劇場において数多くの世界的な名歌手を育成し、音楽界に送り出してきた。その采配のもとで同劇場はオペラおよびバレエのレパートリーを大きく広げ、現在では18世紀から20世紀までのクラシックの傑作をはじめ、現代作曲家の作品にいたるまで、幅広いレパートリーを誇っている。

●マリインスキー歌劇場管弦楽団

マリインスキー歌劇場管弦楽団は、18世紀のピョートル大帝在位中に創設され、以来ずっと、サンクトペテルブルグの地で、世界に名だたるマリインスキー劇場を拠点として活動している。これまでに数多くの世界的音楽家がこのオーケストラを指揮しており。ハンス・フォン・ビューロー、アルトゥール・ニキシュ、ウィレム・メンゲルベルク、オットー・クレンペラー、ブルーノ・ワルター、エーリヒ・クライバーやベルリオーズ、ワーグナー、マーラー、シェーンベルクなど、錚々たる顔ぶれが並んでいる。

アプリで読む