Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2019「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」製作委員会

市原隼人、鈴木伸之、飯豊まりえ、齊藤なぎさ主演のオムニバス作から新写真

CINRA.NET

19/8/6(火) 12:20

オムニバス映画『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』の公開日が10月25日に決定。場面写真が公開された。

春夏秋冬をテーマに据えた同作は、福岡・芦屋町でオールロケ撮影された短編映画『ナツヨゾラ』『時々もみじ色』『冬のふわふわ』『桜咲く頃に君と』の4篇で構成。『ナツヨゾラ』は齊藤なぎさ(=LOVE)、『時々もみじ色』は鈴木伸之(劇団EXILE)、『冬のふわふわ』は飯豊まりえ、『桜咲く頃に君と』は市原隼人が主演を務め、それぞれの主題歌をみゆな、BENI、moumoon、ハジ→が担当する。全作品の監督を向井宗敏が務めた。

中学生の男女の淡い恋心を抱く『ナツヨゾラ』の場面写真では、齊藤なぎさ演じる主人公・田中ゆみと、宮世琉弥演じる幼なじみの小杉亘の姿が空を見上げる様子が確認できる。『時々もみじ色』は喧嘩に明け暮れていた高校生の大和が、コーチの安田との出会いからボクシングを始め、成長していくというあらすじ。場面写真には鈴木伸之演じる大和がリングに腰掛ける様子などが写し出されている。

『冬のふわふわ』の場面写真には、飯豊まりえ演じる仕事に悩む主人公・菊池綾子や、袴田吉彦演じる叔父の修二が登場。『桜咲く頃に君と』では市原隼人が余命わずかな妻を献身的に支える主人公を演じる。場面写真では市原演じる小学校教師の尚也と、平田薫演じる妻・真奈の姿が確認できる。

アプリで読む