Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

武田航平 オレニ撮ラセロ!

ミュージシャンで俳優の岸洋佑はセルフプロデュースがうまい!

毎週連載

第63回

20/9/18(金)

今回のゲストは、『宇宙戦隊キュウレンジャー』でサソリオレンジ/スティンガー役を演じていたころから武田さんとの交流があった岸洋佑さんが登場。MVのようなおしゃれな撮影から一転、対談では止まらないマシンガントークで盛り上がりました。

待望のゲストに「やっと来てもらえた!」

武田 今日の撮影はどうだった?

岸 航平くんのファンの方々に「岸、そこ代われ」と羨ましがってもらえるような写真が撮れたらいいなって意識してました(笑)。だから、カメラマンさんが「武田さんにもう少し近づいてください」って指示を出してくださったときに、「やった!」って思わず言っちゃった。

武田 あれはそういうことだったのか(笑)。

岸 ベッドでの撮影も、なるべく恍惚な表情になるように心がけました。

武田 なんでだよ!(笑)

岸 こういう撮影は久しぶりだったんですよ。だから、呼んでいただけてありがたかったです。

武田 洋佑くんが現場に来るやいなや、ずっと喋っているから、終始スタッフさんたちが圧倒されていたのがおもしろかったな(笑)。たぶん、これまでこの連載に来てくれたゲストの人たちの中でも、一番喋ってくれているかも。洋佑くんか南圭介かってぐらい。

岸 マジっすか! 『キュウレンジャー』はうるさいやつばっかりなので(笑)。

武田 変わり者が多いからね(笑)。洋佑くんと圭ちゃんは、今、家が近いんでしょ?

岸 そうなんですよ! 100mぐらいしか離れていないので、いつでも南の視線を感じているような生活を送っていますね。

武田 それは大変だ!(笑)圭ちゃんと俺も付き合いが長いし、洋佑くんと圭ちゃんも『キュウレンジャー』で共演していて仲良しだし、不思議な縁があるよね。洋佑くんをゲストに呼びたいっていう話は、実は『おれとら』の最初の打ち合わせのときからしていて。ただ、そのときは俺が洋佑くんの配信番組の『エレチャン』に出させてもらったばかりだったから、少し時間を空けようってことになってさ。

岸 そうだったんですね。航平くんには『エレチャン』の第一回目のゲストとして来ていただいて。出演してくれてうれしかったな。

武田 もう1年経っているよね。

岸 そうですよね。あっという間ですね。

武田 やっとこの『おれとら』にも来てもらえてうれしい! しかし、洋佑くんも俺と同じで金髪になっているとは(笑)。

岸 やっぱり自粛期間中は、金髪にするぐらいしかやることがなかったですよね(笑)。

岸洋佑のお気に入りはエロティシズムを感じるショット

武田 今回は、俳優さんを撮っているっていうよりも、MVに出てくる女の子、男の子みたいな感じに撮れた気がする。洋佑くんは俳優さんでもあるし、ミュージシャンでもあるからかな。そうやって撮ろうと意識したわけじゃないのに、自然とそういう雰囲気になったのが不思議だった。

岸 そうなんですね。

武田 洋佑くんが自然に笑っている姿を撮るだけでもすごく絵になったんだよね。生活の中の一部分みたいな雰囲気というか。なんていうか、とにかくかわいかった(笑)。ちょっと女の子っぽい感じがしたんだよ。さっき、俺のファンに羨ましがられたいって話してたけど、洋佑くんがそう意識してたからなのかな。まさに洋佑くんの狙い通りって感じ。

岸 うわ~、うれしいな。

岸 僕が歯を磨いているところを撮るシチュエーションもあったじゃないですか。カメラを向けている航平くんも鏡越しに映っていて、そこのショットはある種のエロティシズムを感じました(笑)。

武田 どういうこと?(笑)

岸 カメラ好きの彼氏が、彼女が歯を磨いているところを撮っているようなシチュエーションだったから、ちょっと生活感があるというか。現実で同じことをやってる恋人同士も絶対にいると思うし!

武田 あ、なるほどね! たしかにリアルさがあるね。

岸 だから歯ブラシショットはお気に入りです!

この日、岸さんは武田さんのファッションにあわせてコーディネートを考えてきてくれたそうで「航平くんがダボシャツでくると思ったから僕もお揃いにしました!」とニッコリ。

さらにヘアメイク中には、席を外していた武田さんには内緒で「航平くんとお揃いの髪型にしてください」とヘアメイクさんにリクエスト。戻ってきた武田さんから「髪型一緒じゃん!」と突っ込まれると、イタズラが成功した子供のような笑顔を見せる岸さんでした。



撮影の感想をメインに語っていただいた今回ですが、次回は初対面を振り返りつつ、お互いに感じていたことを熱く語っていただきました。懐かし(?)のあの話題も!?

プロフィール

岸洋佑

1993年7月2日生まれ、神奈川県出身。2010年、LDH主催のオーディション「VOCAL BATTLE AUDITION 2」にて約3万人の応募者の中からファイナリストに選ばれ、芸能界入り。2012年、本格的に音楽活動を開始し、各地でストリートライブを実施。2017年、スーパー戦隊シリーズ『宇宙戦隊キュウレンジャー』でスティンガー/サソリオレンジ役を射止め、初のテレビドラマレギュラー出演を飾った。2018年には日本コロムビアよりメジャーデビューを果たし、現在は俳優およびアーティストとして精力的に活動中。約一年ぶりとなる新曲『パンダちゃん』が各サブスクリプションで配信中。

武田航平

1986年1月14日、東京都出身。2001年に芸能界入り、同年に第14回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」審査員特別賞を受賞した。『仮面ライダーキバ』『仮面ライダービルド』などで人気を博し、現在はドラマ、映画、舞台と幅広く活躍中。

写真/大塚秀美、ヘアメイク/田中宏昌(allure)、取材・文/榎本麻紀恵、動画BGM/タダオト

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む