Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』初映像となる予告編公開 ラミ・マレック演じる悪役の姿も

リアルサウンド

19/12/5(木) 8:00

 『007』シリーズ25作目となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開日が2020年4月10日に決定し、初映像となる予告編が公開された。

参考:映像はこちら

 本作は、前作『007 スペクター』から実に5年ぶりとなるシリーズ最新作。前作から引き続きジェームズ・ボンド役はダニエル・クレイグが務める。製作陣からは『007』シリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。監督は新たに日系人で、ドラマ『ビースト・オブ・ノー・ネーション』のキャリー・フクナガが務める。

 さらに、『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが悪役として抜擢され、加えて、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ビリー・マグヌッセン、アナ・デ・アルマス、ロリー・キニア、ダーヴィッド・デンシック、ダリ・ベンサーラ、ジェフリー・ライト、そしてレイフ・ファインズらシリーズ続投の出演者や、フレッシュな顔ぶれが一堂に会する。

 公開された予告編には、マレックが演じるシリーズ史上一番“ヤバい”敵の姿が。口元だけあらわになった不気味なマスクをかぶりボンドと対峙。さらに、ボンドとマドレーヌ(レア・セドゥ)との疑惑の会話も切り取られている。

 シリーズ1作目『007 ドクター・ノオ』の舞台であり、原作者イアン・フレミングも居住したジャマイカをはじめ世界各国での壮大なロケ撮影や、ダニエル版ジェームズ・ボンドに欠かせない身体を張ったアクション、リンチが演じる2年前から殺しのライセンスを持つ、00(ダブルオー)のコードネームの女性エージェントが新たに登場する。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む