Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

広瀬アリスが「世にも奇妙な物語」で初主演、「夏にゾワゾワしてください」

ナタリー

20/5/30(土) 11:00

「世にも奇妙な物語 '20夏の特別編」より「しみ」。

「世にも奇妙な物語 '20夏の特別編」が今夏にフジテレビ系で放送決定。その中の1編「しみ」で広瀬アリスが主演を務めていることがわかった。

1990年にレギュラードラマとしてスタートし、今年で30周年を迎える同シリーズ。例年は「春の特別編」として放送されているが、今回は新型コロナウイルスの影響を受け「夏の特別編」として放送されることとなった。

「しみ」で広瀬が演じるのはクリーニング店の一人娘・三浦あずさ。彼女はある日、店を訪ねて来た黒ずくめの謎の女にシャツに付いたチョコレートのしみを取ってほしいと依頼される。すぐに取れるだろうと作業をするもなかなか落ちないしみ。いつしかあずさにはしみが人間の顔のように見え始め、父親・五郎が突然亡くなってしまう。両親の様子を見て何か隠し事があるのではと感じたあずさは、母・康子を問い詰めることに。そして五郎と康子、さらに自分がとある事件と関わっていたことを知る。

広瀬のほか、五郎役で宮川一朗太、康子役で山口香緒里、謎の女役で関めぐみが参加。諸橋隼人が脚本、植田泰史が演出を担当した。

同シリーズ初出演にして主演を飾った広瀬。参加が決まった際の心境を「10代の頃から観ていたのでとてもうれしかったです。少し現実離れしたお話が多く、その中でも色々なジャンルがあるので、どのテイストのお話をやるんだろうと楽しみにしていました」と振り返った。さらに「たくさんの方から愛されてきた『世にも奇妙な物語』、私自身、最近コメディータッチのものが多かったので、シリアスな新たな一面を見て頂けると思います。是非、夏にゾワゾワしてください」と視聴者へメッセージを送っている。

なお、「しみ」の撮影は緊急事態宣言発令前に、コロナウイルス感染拡大防止の対策を講じたうえで行われた。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 '20夏の特別編」

フジテレビ系 2020年夏放送予定

広瀬アリス コメント

出演が決まったときの感想

10代の頃から観ていたのでとてもうれしかったです。少し現実離れしたお話が多く、その中でも色々なジャンルがあるので、どのテイストのお話をやるんだろうと楽しみにしていました。

脚本を読んだときの感想

ゾワゾワしました。映像になった時にどういう感じになるのかな、と。ここ最近はホラーテイストの作品を演じる機会が少なかったので、撮影が楽しみでしかたなかったです。

どのように演じたか

思いきり演じた方が緩急があって良いなと思い、たくさん大声を出しました(笑)。最後の最後でしっかりオチているのが、私はたまらなく好きなので、しっかり盛り上がるようにお芝居しました。

「世にも奇妙な物語」に出てくるような現代科学では説明できない現象を信じるか?

信じます。怖いのは苦手ですが、異世界の感じは、とても好きです。

視聴者へのメッセージ

たくさんの方から愛されてきた「世にも奇妙な物語」、私自身、最近コメディータッチのものが多かったので、シリアスな新たな一面を見て頂けると思います。是非、夏にゾワゾワしてください。

渡辺恒也(編成企画担当 / フジテレビ編成部) コメント

今年で放送開始30周年を迎える「世にも奇妙な物語」はこれまで、奇妙な出来事を通して、人間や社会の奥底にある様々な感情や矛盾を表現してきました。「しみ」は、落とそうと思っても落とすことができない目に見えるしみの中に、目には見えない人の恐ろしさが潜んでいた、というお話です。「しみ」はコロナ禍の影響が本格化する前に撮影していたものですが、今もなお人と人との間の距離を取ることを余儀なくされている中、フィクションの世界を通して人間の深淵に触れていただければと思います。また、ラストには「奇妙」らしく予想を裏切る展開が待ち受けていますので、ぜひ最後までお見逃しなく!

(c)フジテレビ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む