Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

春河35による「人間失格 太宰治と3人の女たち」描き下ろしイラスト。

小栗旬演じる太宰治を「文スト」春河35が描き下ろし、朝霧カフカも「人間失格」絶賛

ナタリー

19/8/30(金) 18:00

小栗旬が主演、蜷川実花が監督を務めた「人間失格 太宰治と3人の女たち」に寄せ、マンガ「文豪ストレイドッグス」の原作者・朝霧カフカからコメントが到着。さらに作画担当・春河35による描き下ろしイラストも解禁となった。

太宰治による小説「人間失格」の誕生秘話を、彼のスキャンダラスな女性関係とともに虚実交えて描いた本作。才気と色気にあふれた太宰に小栗が扮し、正妻・津島美知子を宮沢りえ、作家志望の愛人・太田静子を沢尻エリカ、若き未亡人・山崎富栄を二階堂ふみが演じた。

「文豪ストレイドッグス」は中島敦や芥川龍之介ら有名な文豪がキャラクター化され、異能力を使って戦うアクションマンガ。死に場所を求める自殺愛好家で、美女を手当たり次第に口説いて心中に誘うといった破天荒なキャラクターの“太宰治”も人気を博している。朝霧は、本作を鑑賞して「すごい。ただすごい。本当に太宰がいる」と絶賛。「(東京・銀座の)ルパンで太宰が座っていて、グラスを片手に語っている。目にみえる太宰の表情、目にみえない太宰の精神。すべてがここにある。これが太宰だ。永遠に目が離せない」と述べている。

春河35が映画をイメージして描いたイラストには、バーのカウンターで1人たばこをふかす太宰の姿が。演じた小栗同様、イラストの太宰も左手にたばこを持っており、細かいところまで再現されている。また劇中にも登場するように美知子は菖蒲、静子は梅、富栄は椿と、蜷川が3人の女性をそれぞれイメージした花も描かれている。春河35は「花の彩りに魅せられ 見惚れる作品でした」とコメントを寄せた。

「人間失格 太宰治と3人の女たち」は9月13日より全国ロードショー。

※「人間失格 太宰治と3人の女たち」はR15+指定作品

(c)2019『人間失格』製作委員会

アプリで読む