Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46・西野七瀬の魅力を顔相学から分析 顔の構造は上戸彩似?

リアルサウンド

15/5/12(火) 8:00

 5月12日に放送された『NOGIBINGO!4』(日本テレビ系)では、乃木坂46の“愛され女王”西野七瀬をフィーチャーした企画が放送された。

 『NOGIBINGO!4』は乃木坂46が公式ライバルグループ・AKB48も経験してきた企画をより体を張ったものにアレンジして挑戦する番組の最新作で、今シリーズのテーマは「変身」。今回の企画は、メンバーがペットに変身し、飼い主役のメンバーとじゃれ合う様子を繰り広げるというもの。今回は握手会人気も高く、読者モデルとしても活躍する西野七瀬の魅力をメンバーの総評や顔相学などの観点から検証した。

 冒頭、西野の魅力について、生駒里奈は「守ってあげたくなるところ」、深川麻衣が「切ない表情が似合う」と語ったあと、MCのイジリー岡田が「愛されにくい女王も決めるから」とメンバーに告げ、番組がスタート。一つ目の分析である「愛され顔相学」では、顔相学のエキスパート・池袋絵意知氏が握手会の映像を分析。池袋氏は西野の笑顔について「下の歯が見えなくて上の歯が全部見えていて目尻が下がっている。上戸彩さんに近い顔」と鑑定し、この結果に西野は「歯が大きいのがコンプレックス」と語った。

 番組では西野の結果と比較すべく、秋元真夏と桜井玲香、能條愛未、橋本奈々未、松村沙友理について鑑定。池袋氏は秋元について「下の歯が見える笑顔で老人っぽい。頬を上げるイメージで笑うと良い」と語ると、桜井については「瞳孔が大きく興味があるように見える。女性実業家に向いている」と診断。また、能條については「上の歯が見えていないけど、涙袋がぷっくらしているので水商売に向いている」、橋本には「鼻が高いのでプライドが高い」、松村を「目の柔らかさでは西野を越えてる。いい奥さんになる」と分析した。

 続いて、番組では「素顔検証」として、打ち合わせスペースに隠しカメラを設置し「ディレクターがどうでもいい話を始めたら」「ディレクターに突然『可愛くなった』と言われたら」を検証。後者の内容について、西野は顔を紅潮させて喜び、VTRを見るメンバーから「可愛い」という声が続出した。また、同様の検証を他メンバーに行った結果、秋元はニヤつき、桜井はディレクターを小馬鹿にした態度に。能條が照れた様子を見せると、池袋氏は「『こいつ私のこと好きそう』と興奮している」とコメント。続いて池袋氏は、松村が手を頬に当てて喜んでいることについて「意識してやってる」と分析したあと、“愛されない顔”について「ダントツで桜井さん」と鑑定し、その理由について「常に半笑いだから」と語った。

 2つ目の鑑定は、メンバーが描いた「好きな動物の絵」を心理カウンセラー・前田京子氏が分析した「愛され絵相学」。まずは西野が書いた馬について、前田氏が「人間から愛される馬を書いたということは、やはり愛されているということ」と評すと、続けて同氏は「影までしっかり描いているのは腹黒くない証拠」と絶賛した。これに対し、西野は「思ったことがあれば嫌われてもいいから正直に言う」と打ち明けた。ほかにも前田氏は、ライオンを書いた若月について「男らしい。可愛さを出していくのは無理ですね」と語り、能條の描いた猫を見て“愛されにくい女王”と断定。その理由について「独立心の強い猫を描きながら、しっぽは振っているのでちぐはぐ」とコメントした。

 なお、メンバーがパジャマ姿でオンエアを振り返る「NOGIROOM」のコーナーでは、西野、桜井、橋本、松村、齋藤飛鳥の5人がパジャマ姿になってトークを行った。huluと日テレオンデマンドでは、毎週同コーナーの未公開分が配信されている。

 西野七瀬をさまざまな観点から分析し、他メンバーとの比較を行った今回の放送。次回は「応援団」に変身する企画を放送する予定だ。

(文=向原康太)

アプリで読む