Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46、新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」MV公開 遠藤さくらが涙を流す演技に挑戦

リアルサウンド

19/8/8(木) 14:20

 乃木坂46が、9月4日に発売する24thシングルより表題曲「夜明けまで強がらなくてもいい」のMVを公開した。

(関連:乃木坂46ドキュメンタリー撮影で見えたグループの裏側とは? 岩下力監督インタビュー

 今作のMVは、7月上旬の2日間、イメージシーンを都内スタジオと栃木県・足利市、ダンスシーンを東京・大手町で撮影。“女の子たちが人知れず心の中で葛藤を持っていたり、誰にも打ち明けることができない悩みを持っている”ということをテーマに描かれている。

 ダンスシーンの撮影では、乃木坂46のMV史上過去最高となる250名のエキストラも参加。フロントを担う4期生の遠藤さくら・賀喜遥香・筒井あやめの3名が何度もダンスの振りを確認する緊迫したムードの中、撮影が行われた。涙を流す演技に挑戦した遠藤は、「4期生との思い出」を頭に思い浮かべていたという。

 今作のMVは、これまでも数多くの乃木坂46のMVを手掛け、2015年に公開した乃木坂46初のドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Dcumentary of 乃木坂46』の監督でもある丸山健志が指揮を執った。「メンバーの心情模様を画面に濃密に描きたい」という監督の思いから、あえて4:3での映像演出になっている。

 4期生の遠藤、賀喜、筒井が初参加となり、キャプテンとして8年間グループのを牽引した桜井玲香にとって最後となる同楽曲のMVは、グループにとっての“世代交代”を感じさせる作品になっているとのこと。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む