Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

黒人音楽をめぐるポリティカル・コレクトネスの現在 “ステレオ・タイプな表現”をどう脱するか

リアルサウンド

15/4/8(水) 11:00

 音楽ライターの磯部涼氏と編集者の中矢俊一郎氏が、音楽シーンの“今”について語らう連載「時事オト通信」第4回の前篇。今回は、ラッツ&スターがももいろクローバーZとともに黒人を模して“顔の黒塗り”という表現をしたことにより巻き起こった議論や、韓国のラッパー・Keith Apeが中心となって日韓のラッパーをフィーチャーした楽曲「It G Ma」が世界中で話題となったことを取り上げ、ミュージシャンの表現とポリティカル・コレクトネスの関係について考察を深めた。(編集部)

磯部「ラッツ&スターの件で表面化した問題は、彼らだけのものではない」

中矢:最近、ネットでポリティカル・コレクトネス(差別や偏見を含まない言葉/表現を用いること。以下、PC)に基づいた炎上が盛んに起こっているように思います。ポピュラー音楽をめぐったものに関していうと、例えば、2月、「ニューヨーク・タイムズ」の田淵広子記者がツイッターで、「なぜ、日本でレイシズムについての議論が必要なのか」というコメントを付けてアップした、ラッツ&スターとももいろクローバーZが顔を黒塗りにした写真が問題になりました(https://twitter.com/hirokotabuchi/status/565699599810445312)。

 ラッツ&スターは、80年にドゥ・ワップをベースとしたコーラス・グループ=シャネルズとしてデビューして以来、ずっと、顔を黒塗りにしてきたわけですが、これまで、日本ではほとんどと言っていいほど問題にならなかったですよね。ただ、欧米では、そのようなメイクは“ブラックフェイス”といって、アメリカで19世紀に流行った、主に白人が顔を黒塗りにして黒人のカリカチュアを演じるミンストレル・ショーを直接的に連想させるため、人種差別の象徴としてタブーになっています。そして、そのような、日本のガラパゴスな環境のせいで見すごされてきた表現がネットに乗ることで、世界中の視線に晒され、批判が殺到したというところでしょうか。

 ちなみに、件の写真は、もともと、ラッツ&スターのメンバーである佐藤善雄氏が、歌番組『ミュージック・フェア』収録時のオフ・ショットとしてツイッターにアップしたもので、炎上を受けて氏は写真を削除。3月7日の同番組の放送では、黒塗りのシーンはカットされていました。

磯部:ネットで見られた日本側からの意見の中には、ラッツ&スターのブラックフェイスを批判するものも多かった一方で、「彼らに、黒人に対する差別意識はなく、むしろ、黒塗りはリスペクトの表れなのだから、批判は御門違いだ」というようなものもあったよね。ちなみに、今回、ラッツ&スターのメンバーや関係者はコメントを出していないので、彼らがどう考えているのかはわからないけど、ブラックフェイスのコンセプトとそれに対する海外での反応については、「QUICK JAPAN」VOL.7(太田出版、96年)掲載の、佐藤氏のインタヴュー「なぜ黒く塗るのか?」から伺い知ることができる。今回の議論で引用している人も多かったよく知られた記事ではあるものの、おさらいとして該当箇所を要約してみようか。

 まず、同記事によると、ブラックフェイスを始めたのは「尊敬している黒人音楽だし、どうせやるんだったら、見た目の分かりやすさもあるし、黒人になりきっちゃおうって」考えたからで、「僕らなりに黒人の音楽とか黒人っていう人達にリスペクトする気持ちがあればこそ出来ること」だと。また、80年、81年にロサンゼルスの有名なナイト・クラブ〈ウイスキー・ア・ゴーゴー〉に出演したときも、「白人からスパニッシュから黒人からいろいろ来てましたけど、変に誤解されることはなかったですね。黒人音楽を愛しているっていうのが伝わったと思うんですよ」と語っている。しかし、メンバーが黒人のロック・バンド=フィッシュボーンと日本のテレビで共演したときは、以下のように緊迫した雰囲気になったという。

「凄く怒ってましたね。やっぱり、馬鹿にされていると思ったんじゃないですか。別に殴りかかってくるわけじゃないんだけど、側にいて刺さるような目つきを感じる部分があったから。怒ってるんじゃないかな、っていうことは瞬時に分かったけどね。ただ、彼らに対して言い分けするのも変だし」

 ここから、ラッツ&スターのブラック・フェイスの前提には、やはり、“黒人音楽”に対する愛があるものの、彼ら自身、それが際どい表現だと認識していたし、その上で意図を説明してこなかったことがわかる。

 ちなみに、ラッツ&スター・佐藤善雄氏のインタヴューもその一部である『QUICK JAPAN』VOL.7の特集タイトルは、「黒くなれ。~ヒップホップと黒人と僕たち」というもので、巻頭には編集部の村上清氏が書いた以下のような文章が置かれている。

「この前、新宿駅で電車を待っていた時のことだ。なんかブッ飛んだヘアスタイル、謎のコーディネート、でも素晴らしくキマっている女の人が僕の前を通り過ぎた。あっ、と思ってよく見たら、やっぱり黒人だった。似たような経験は1度や2度ではない。大体、黒人てなんであんなにカッコイイ歩き方をするんだ? なんであんなにラジカセが似合うんだ? そんなバカみたいな長年の疑問を解決すべく試みた今回の特集は、音楽以外の出来事にもグルーヴを求めてしまう、あなたに読んで欲しいです」

 同特集では、そのリードに続いて、黒人ミュージシャンの逸話が面白可笑しく紹介されていたり、特集全体を通して“黒人(文化)”への愛を表明するものになってはいるんだけど、それは、リードに書かれていたように、“黒人”は、“ブッ飛んだ”“謎の”“でも素晴らしくキマっている”――つまり、非論理的な魅力を持っているというステレオタイプな見方に基づいた極めて一方的な愛だとも思う。そして、そのような愛は、人間を出生による属性でひとくくりに評価している点で、やはり、レイシズムと表裏一体なんじゃないか。

 ラッツ&スターのブラックフェイスも“黒人音楽”への愛を表現したものだと言っても、それは、極めて一方的な愛だよね。相手にとっては暴力になるような。また、佐藤氏はライムスターやイースト・エンド、リップ・スライムなんかもかつて所属していた、日本のラップ・ミュージック史における重要レーベルのひとつ〈ファイル・レコード〉の代表取締役も務めているわけだけど、「“黒人音楽”に対する一方的な愛」という問題は、決してラッツ&スターだけでなく、日本中の――いや、世界中の、“黒人音楽”に執着する非・黒人たちが抱えているものでもあるのかもしれない。

磯部「韓国のラップが注目されているのは、社会的要因も大きい」

中矢:ラップ・ミュージックといえば、韓国のラッパーのKeith Apeが、JayAllday、Loota、Okasian、Kohhという日韓のラッパーをフィーチャーした「It G Ma」という曲が、今年の元旦にYouTubeにアップされて以降、アジアのラップ・ミュージックで初めてと言っていいような世界的なバズり方をしていますよね。ところが、Keith Apeが同曲でラップのスタイルの参考にしたと思しき、「U Guessed It」のヒットで知られるアメリカのラッパーのOG Macoが「It G Ma」をディスって、これもまたネットで議論が起こりました。

 ただし、OG Macoは自分のスタイルをパクられたことを怒っているわけではなくて、「It G Ma」のMVが「黒人のステレオタイプだ」と批判している。「自分は、『U Guessed It』のビデオで、『It G Ma』のようにグリル(前歯にはめるアクセサリー)を付けたり、デカいジャケットを着たり、リーン・カップ(咳止めシロップに入っているコデインとアルコール等を混ぜた、パープル・ドリンクというドラッグを入れるカップ)を持ったりしていない」(https://twitter.com/OGMaco/status/563012341194035201、https://twitter.com/OGMaco/status/563013113516392449)と。OG Maco自身は、もともと、ハードコア・パンク・バンドでヴォーカルをやっていたようなステレオタイプにハマらないラッパーなので、彼のフォロワーであるKeith Apeがラップ・ミュージックのベタなアイテムばかりを身にまとっていたことに頭にきたんでしょうね。「黒人といえば、そういう格好してると思ってんだろう!」みたいな。

OG Maco – U Guessed It
Keith Ape – 잊지마 (It G Ma) ft. JayAllday, loota, Okasian, Kohh

磯部:韓国のラップ・ミュージックは、ほんと勢いがあるよね。K-POPが日本の渋谷系やアイドルを参照したように、K-RAPもまた日本文化の流入制限が行われていた90年代にそれを乗り越えて日本語ラップをチェックしていたラッパーたちが下地をつくったわけだけど、今や「It G Ma」に代表されるように、世界的に見ると日本よりも韓国のラップ・ミュージックのほうが注目されている。昨年2月にシーンのトップのひとりであるDOK2(ドッキ)と一緒に来日したThe Quiettも、以下のようなエモい勝ち名乗りを上げていた。

「10年前、20歳で初めて東京へ来たとき、ヒップホップがブームになっているのを見て、羨望を超えて絶望を感じた」(https://twitter.com/TheQuiett/status/430638075752886274

「昨晩、日本の有名なラッパーと話しているとき、“韓国のヒップホップ・シーンはどれくらい大きいのか?”と訊かれて、“音楽業界は日本のほうが大きい。でも、ヒップホップ業界は韓国のほうが大きい”と答えたのだけれど、それは、強がったわけではなくて、私のありのままの考えを言ったまでだった」(https://twitter.com/TheQuiett/status/430638241771827200

「今、空港で座ってふと考えてみると、そう答えることが私の夢だった。まだ前にある道は長いけれど、これまでたくさんのことを成し遂げてきた」(https://twitter.com/TheQuiett/status/430638391990841344

 韓国のラップ・ミュージックが世界的に注目されている要因には、ラップやサウンドが徹底的にグローバライズされていることや、シーンの中で激しい競争が行われて新鮮なキャラクターが次々と生まれていることがあって、ただ、それは、韓国で日本以上にグローバリズムが推し進められたり、格差が広がったりしている状況の反映でもあるし、そのような社会と、ラップ・ミュージックの一側面の相性が良かったということでもあると思うんだよね。例えば、韓国から日本に留学して、日本でラッパーとして活動しているMOMENT(https://soundcloud.com/swagcat-joon/preview)は、僕のインタヴューで、韓国と日本という似ているようで相反する2つの社会に対しての複雑な思いを以下のように語っていた。

「韓国の激しさが嫌で外に出たものの、日本の緩さも“クソや”って思うところがあって。ヒップホップにしても、韓国は、ラップ・ミュージックを競争という側面からしか捉えなかったがために、奇形的なシーンになってしまった。皆、他人を負かすことばかり考えていて、全体を盛り上げようとしない。一方、日本はコミュニケーションを重視するあまり、馴れ合いが強くなってしまっているでしょう。だから、政治にしても、文化にしても、隣国なのに正反対。半分ずつ合わせたらいい国になるのに……っていつも思うんですけど」(『INDIES ISSUE』VOL.66、ビスケット、2013年より)。

 OG Macoが「It G Ma」のMVを「黒人のステレオ・タイプだ」と批判したのも、その、韓国のラップ・ミュージックの徹底したグローバライズが故だと思うけど、正確に言うとあのビデオにリーン・カップは出てこなくて、みんなマッコリやカス・ビールといった韓国産のアルコールを手にして――つまり、“黒人のステレオタイプ”にローカライズ的なヒネリを加えているんだよね。また、「It G Ma」を“Cultural Appropriation (文化的盗用)”と腐した欧米のサイトもあったけど、アジアのポップ・カルチャーのエキゾチシズムを面白がる一方で、同じ土俵に上がってくると揶揄する側には、「アジア人がやることは所詮二流だ」みたいなステレオタイプな偏見はないのかと思ってしまう。もちろん、YouTubeには「It G Ma」を聴いてターン・アップ(最近のラップ・ミュージックでよく使われる用語で、盛り上がること)しまくっている欧米の若者の画像(https://www.youtube.com/watch?v=k4L22NiMrTQ)も上がっているから、ポスト・インターネット世代はまた違った感覚を持っているんだと期待したい。

 それに、「It G Ma」がすごいのは、OG Macoの思惑をよそに、例えば、KOHHは同楽曲での好演を評価されて、本家「U Guessed It」のプロデューサーであるBrandon Thomasの新しいEP『Good Things Take Time Vol. 3』(http://www.hotnewhiphop.com/brandon-thomas-good-things-take-time-vol-3-new-mixtape.115727.html)にフィーチャーされたし、Keith Apeに至っては、アメリカの音楽フェス「サウス・バイ・サウスウエスト」に出演するために渡米した際、当のOG Macoと会ってわだかまりを解いたんだよね。その後、OG MacoはTwitterに、Keith Apeと並んで中指を立てている写真を上げて、「自分は人ではなくシステムと戦うべきだと理解した」とコメントした(https://twitter.com/OGMaco/status/579468587338891264)。これは感動的なツイートで、Keith ApeやKOHHはラッツ&スターのように「“黒人音楽”に対する一方的な愛」を表現しているわけではなく、ちゃんと相互作用を生んでいるし、誤解が生じたことに関してちゃんと対話をしている。ラップ・ミュージックは社会を映し出す鏡だから、グローバリズムの負の側面が表れることもあるけど、「It G Ma」騒動では、グローバリズムをデフォルトとして育った世代が、それを良い方向に活用したと言えるんじゃないかな。

中矢:「It G Ma(잊지마)」は「忘れるな」という意味だそうですけど、今後、ポップ・ミュージックにおけるPCをグローバルな視点から考える上で、まさに記憶にとどめるべき一曲かもしれませんね。

■磯部 涼(いそべ・りょう)
音楽ライター。78年生まれ。編著に風営法とクラブの問題を扱った『踊ってはいけない国、日本』『踊ってはいけない国で、踊り続けるために』(共に河出書房新社)がある。4月25日に九龍ジョーとの共著『遊びつかれた朝に――10年代インディ・ミュージックをめぐる対話』(Pヴァイン)を刊行。

■中矢俊一郎(なかや・しゅんいちろう)
1982年、名古屋生まれ。「スタジオ・ボイス」編集部を経て、現在はフリーの編集者/ライターとして「TRANSIT」「サイゾー」などの媒体で暗躍。音楽のみならず、ポップ・カルチャー、ユース・カルチャー全般を取材対象としています。編著『HOSONO百景』(細野晴臣著/河出書房新社)が発売中。余談ですが、ミツメというバンドに実弟がいます。

アプリで読む