Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「桃源郷ラビリンス~生々流転~」公開記念舞台挨拶の様子。左から杉江大志、鳥越裕貴、高橋健介。

「桃源郷ラビリンス」しゃべり倒す鳥越裕貴に金子昇がツッコむ「最初は静かだったよね」

ナタリー

19/10/27(日) 7:00

「桃源郷ラビリンス~生々流転~」の公開記念舞台挨拶が10月26日に東京・ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われ、キャストの鳥越裕貴、高橋健介、杉江大志、健人、今出舞、中村優一、金子昇、監督のヨリコ ジュンが登壇した。

「桃源郷ラビリンス」は日本のおとぎ話「桃太郎」を題材にしたメディアミックスプロジェクト。これまでに岡山ヒロミによる小説や菅野臣太朗が演出・脚本を担当した舞台が展開されてきた。主人公は岡山・岡山市にある古民家カフェ「桃源郷」の店主で、桃太郎の生まれ変わりである吉備桃太郎。映画では幼なじみにして親友・大和尊との時空を超えた因縁が描かれる。桃太郎を鳥越、大和尊を高橋が演じた。

イベントでは鳥越が終始トークを展開。それを見ていた金子から「最初の稽古のときは台本のセリフで頭いっぱいだったのか、全然しゃべらなくて静かだったよね」とツッコまれると、鳥越は「最初は寡黙で仕事のできる男のように見せようとしたけど、次第に我慢しきれなくなって」と正直に明かした。

岡山のオールロケ撮影に話が及ぶと、杉江は「練習で金子さんの姿がなかったときに『ごはん食べに行きましょう』と連絡したら、金子さんは広島でビリヤードやってたんです」と自由すぎる金子のエピソードを披露。続いて鳥越は岡山について「ごはんや酒がおいしいし、街も人もよくて楽しかった」と振り返り、金子は「夜の岡山城のライトアップがきれいで記念写真を撮った」と思い出話に花を咲かせた。また中村が「劇中で転生して強くなるシーンで、ヨリコ監督がカッコいいと褒めてくれまして。でも映画を見たらフレディ・マーキュリーかと思いましたよ」と言って笑いを取る場面も。

作品については「これは鳥越さんによる鳥越さんのための鳥越さんの映画です」と高橋が述べ、「僕は鳥越さんの応援をします」と献身的に宣言した。杉江は「ふざけながら、真剣に。アクションはガチでやりました。観てほしいのは“スルメ”。わからない方はもう1回観てみてください」とアピールする。

続いて健人が「初めての舞台挨拶がこの作品で本当によかったです」とコメントすると、今出は「こういう形で作品に出演するのは初めてだったので、すごく楽しかったです。この作品が愛される作品になればいいなと思っています」と述懐。中村は「映画に出てくる桃源郷カフェは実在するので、岡山に行った際はぜひ遊びに行ってみてください」と話した。

「作品の反響があるとパート2の可能性もあるので、応援のほどよろしくお願いいたします」と金子が続編への期待を見せると、ヨリコは「現場でディスカッションしてみんなで真剣に作った作品です。作品は軽く見える感じではあるんですが、何回も観ているといろいろ細かいところもわかると思います」と思い入れを語った。

「桃源郷ラビリンス~生々流転~」は、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国で公開中。

(c)岡山ヒロミ / 桃源郷ラビリンス

アプリで読む