Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

深田恭子×瀬戸康史のコンビがスクリーンに登場! TVドラマ『ルパンの娘』2021年映画化決定

ぴあ

20/12/3(木) 23:00

『ルパンの娘』場面写真(第8話) (C)フジテレビ

本日12月3日に第8話が放送されたフジテレビ系TVドラマ『ルパンの娘』が、来年2021年に映画化されることが決定した。

『ルパンの娘』は、2015年8月に発売され、各書店の文庫売上1位を獲得した横関大の小説を原作に、深田恭子演じる泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華と、瀬戸康史演じる警察一家の息子・桜庭和馬の禁断の恋を描いた作品。2019年7月に第1弾が放送されると、作中で真剣にふざけるキャストの好演や、泥棒スーツに身をまとったアクション・ポージングなど、独特な世界観でファンを獲得。最終回で見せた華と和馬のラストシーンがあまりにも美しく、“現代版ロミオとジュリエット”として人気を博した。

たくさん寄せられたファンからの声を受け、2020年10月に続編の放送が開始。第2弾では泥棒一家と警察一家による波乱の新婚・子育て生活に、橋本環奈演じる名探偵一家の娘・北条美雲も参加した。前作にも増した振り切った演出や大胆なバロディがSNSを中心に、話題沸騰。最新のドラマ満足度調査ラ ンキング(オリコンより)では、満足度No.2にランクインするなど、ドラマファンの心を掴み続けている。

そして、ついに物語もクライマックスに。12月10日(木)には、三雲華の幼馴染・円城寺輝(大貫勇輔)とその父(市村正親)の秘められた愛の物語が描かれるスペシャルエピソード『ルパンの娘〜愛の物語〜』が放送されることが決定していたが、この度満を持して映画化も決定。キャストには深田、瀬戸、橋本、大貫に加え、小沢真珠、栗原類、どんぐり、小畑乃々、藤岡弘(特別出演)、信太昌之、マルシア、我修院達也、麿赤兒、渡部篤郎といった、お馴染みの個性的なレギュラーキャストも引き続き出演することも発表された。

監督と脚本には、ドラマに引き続き『テルマエ・ロマエ』シリーズを手掛けた武内英樹監督と、TVドラマ『僕たちがやりました』『グッド・ドクター』などの脚本家・徳永友一。映画『翔んで埼玉』で第43回日本アカデミー賞 最優秀監督賞・最優秀脚本賞を受賞した注目のタッグが、豪華なキャストと一緒に破天荒なエンタテインメントを届ける。撮影は2020年12月中旬のクランクインを予定している。

『ルパンの娘』
2021年、公開

アプリで読む