Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が描く、われわれの身近に存在する恐怖

ぴあ

20/1/17(金) 0:00

(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』『15時17分、パリ行き』など、近年、フィクション作品とともに、実話を基にした映画作品を多く手がけている、巨匠クリント・イーストウッド監督。今回の題材は、1996年にアメリカのアトランタで実際に起きた爆弾事件にまつわる出来事だ。

警備員リチャード・ジュエルは、公園で不審なバッグを発見。その中にはパイプ爆弾が仕掛けられていた。事件を未然に防いだことで、ジュエルは英雄として扱われる……かと思いきや、地元の新聞やTV局は、彼を実名で報道し、英雄どころか、あたかも犯人であるかのように伝えた。報道はさらにエスカレートし、ジュエルは人格攻撃の的にすらなってゆく。

なぜ、ジュエルは疑われたのか。そして、疑いを晴らすための戦いはどうなっていくのか。本作は、この理不尽な事件を、スリルたっぷりに描き出してゆく。

この作品が表現するのは、メディアを盲目的に信用することの危険性や、思い込みのこわさである。そしてそれは、誰にでも起こり得る、われわれの身近にある恐怖だ。SNSでは、自分で真贋をよく確かめずに、他人を攻撃するという出来事が毎日のように起こっている。他人を好き勝手に叩いているような人であっても、逆にいつ被害者になるかも分からない。その意味で本作は、非常に観客に近い作品といえるのだ。

『リチャード・ジュエル』
公開中

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む