Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ドクター・スリープ」

「ドクター・スリープ」監督が「キングとキューブリック両方のシャイニングに敬意を」

ナタリー

19/10/30(水) 16:14

「ドクター・スリープ」より、監督を務めたマイク・フラナガンとプロデュースを手がけたトレヴァー・メイシーのコメントが到着した。

スティーヴン・キングの小説をもとにした本作は、スタンリー・キューブリックの監督作「シャイニング」の40年後を描くもの。劇中では、惨劇を生き延び大人になったダニー・トランスが、子供ばかりを狙う連続殺人事件の謎を追う。ダニーをユアン・マクレガー、特殊能力を持つ少女アブラをカイリー・カラン、謎の女性ローズをレベッカ・ファーガソンが演じた。

Netflix映画「ジェラルドのゲーム」で知られ、本作の脚本と監督を担当したフラナガン。「この映画を作り始めたときから、キングとキューブリック両方の『シャイニング』に敬意を払うことを僕らはとても重視していた」と語る彼は、本作でキング本人とスタンリー・キューブリック・エステートから称賛の言葉を受け取った。この映画を手がけることは「すごく恐ろしいことだった」と振り返るフラナガンは「だって、スティーヴン・キングのおかげで、僕は物語を語る人になりたいと思ったんだから。彼は昔から僕のヒーローなんだ。そして僕は、キューブリックの『シャイニング』のおかげで、ホラー映画の監督になりたいと思った」と自身のルーツを明かす。

さらにフラナガンは「キューブリックの『シャイニング』に無礼なことをするつもりは一切ないし、同時にキングのキャラクターにもたっぷりと敬意を払いたい。僕らは何よりも先に2人の大ファンだから、これをやったらこっちのファンが怒る、というのがわかっていたんだ。その真ん中を選ぼうとした」と制作の方針についてコメント。そしてメイシーは「本作を『シャイニング』の続編と言う人もいるだろうし、キングの小説の映画化と言う人もいるだろう。どちらも正しいが、僕らは独自のアプローチをしている。これはキャラクターについての映画だ」と説明した。

「ドクター・スリープ」は11月29日より全国でロードショー。

(c)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

アプリで読む