Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

キスマイ舞祭組、新番組『UTAGE』でミスチル名曲カバー 衝撃の歌唱力にSMAP中居も爆笑!?

リアルサウンド

14/4/22(火) 15:00

 4月21日よりスタートした音楽番組『UTAGE!』(TBS系)の第1回放送で、様々なアーティストが過去の名曲をカバーし、その歌唱力を見せつけた。

 同番組はSMAPの中居正広とAKB48の渡辺麻友が司会を務め、「番組オリジナルのプロ歌手集団であるUTAGEアーティスト達が、ゲストにまつわる年のヒット曲で、現在もカラオケで歌われている楽曲を歌唱回数データを元にランキング化。1位~10位までの楽曲を紹介し、それをカバーして歌う」というコンセプトで制作されている。今回は中居とゲストの草なぎ剛が所属するSMAPが、初めて週間シングルチャート1位を獲得した1994年のランキングを振り返り、各アーティストによる名曲群のカバーが披露された。

 冒頭、1994年の出来事について、草なぎが「歴代のジャニーズにいた先輩たちはすぐに1位を獲れたんですけど、僕らは12枚目の『Hey Hey おおきにまいどあり』でやっと1位を獲得したんです」と、当時の苦労を振り返り、番組がスタートした。

 今回楽曲をカバーする”UTAGE ARTIST”として出演したのは、相川七瀬、Aya(E-girls)、今井絵理子、小笠原茉由(AKB48)、指原莉乃(HKT48)、島袋寛子、TEE、T.M.Revolution、Kis-My-Ft2の後列メンバーによるユニット・舞祭組、水樹奈々という面々。中居は記念すべき初回の出演者となった彼らに対し、「(本番前は)ただならぬ緊張感でしたよね。『久しぶりだね!』みたいな雰囲気はまったくなくて、誰も喋らないってどういうことなの!?」と、不安を口にすると、T.M.Revolutionこと西川貴教が「誰が考えたのかわからないけど、この番組はカロリーが高すぎる。なんでこんなことしようと思ったの……」と、自身に重くのしかかるプレッシャーを告白。相川もこの番組に向けて練習を積んできたそうで、西川の「一応(この日歌う曲を)聴いてはきましたけど……」という発言を心配そうに見守っていた。

 続いて中居が、過去の偉大な先人たちの楽曲をカバーすることについて、「(楽曲を本来歌っている)アーティストの方も思い入れがあるわけじゃないですか。その気持ちもちゃんと汲んで下さいね。『何で自分の歌がこんなくっだらねえ歌い方されてるんだ』って歌は披露しないでください。無理なら歌う前に棄権してください」と、出演者全員にさらなるプレッシャーをかけると、西川が「やめようよ、全く生産的じゃない!」と、出演者を代表して中居に抗議した。また、中居はE-girlsとAKB48のメンバーが共演していることにも触れ、「珍しくない? だってめちゃくちゃ仲悪いんでしょ?」と煽り、出演者を笑わせた後、番組はランキングのコーナーへ移った。

 第10位にランキングされた、篠原涼子 with t.komuroの「恋しさと 切なさと 心強さと」をカバーしたのは、同曲を「アニソンが好きで中学時代よく聴いていた」とコメントした水樹奈々。彼女は持ち前の高い歌唱力で同曲を見事に歌い上げ、不安に駆られていたスタジオを安心させ、中居にも「すばらしい! 絶対俺ら歌えないよね」と言わしめた。
 
 続いて第9位の中島みゆき「空と君とのあいだに」を歌ったのは島袋と今井の2人。「一緒に練習しました」と語った彼女らに対し、中居は「仲悪かったのに? そういえば、あのモジャモジャの子はどうしたの?」と、SPEEDのメンバーであるHITOEの所在を尋ねた。これに対し、島袋から「ヒドい、中居さん……」と苦笑いされ、ステージで同曲を熱唱。久しぶりの共演となった2人だが、見事な掛け合いを披露した。

 第7位の松任谷由実「春よ、来い」と、第6位のMr.Children「innocent world」を歌ったのは舞祭組の4人。彼らが歌うことを発表するや否や、観客や中居から「えー!?」という不安の声が挙がり、中居から「お前たちまだ春来てないからね!」と指摘されたうえ、「innocent worldは好きな曲だから歌わないで」と懇願された。彼らは「春よ、来い」を何とか乗り切るも、助っ人にAyaと今井を迎えた「innocent world」では、サビで乱入したうえに大幅に音程を外してしまう。涙を流して笑った中居は歌い終えた彼らに駆け寄り「どうした? スゲーところから何で入ってきたの? 最後までガヤやってりゃ良かったのにどうしたんだよ!」と、大声で詰め寄った。

 第2位のWANDS「世界が終るまでは…」を熱唱した西川は、花道を使ったステージングも含め、観客を引き込むパフォーマンスを披露した。そして第1位のシャ乱Q「シングルベッド」を歌ったのは相川とAya。相川が独特の歌声で同曲を見事に歌い上げると、観客と他のアーティストから大歓声が巻き起こった。

 番組の最後には、草なぎが番組を振り返り「音程を外した舞祭組がいたおかげで、本物の歌手とそうでない歌手の見分けがついてよかった」とコメント。SMAPが「Yes We Can」を歌い上げる様子も放送され、番組は終了した。

 新感覚音楽バラエティとして、出演するアーティストの歌唱力が浮き彫りになった今回の放送。次回4月28日の放送では、Aya(E-girls)、柏木由紀(AKB48)、島袋寛子、TEE 、T.M.Revolution、中村麻里子(AKB48)、舞祭組、水樹奈々、YU-KI(TRF)をゲストに迎える予定だ。
(文=編集部)

アプリで読む