Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

脱北者の女性がボクシングにのめり込むさま描く「ファイター、北からの挑戦者」公開

ナタリー

「ファイター、北からの挑戦者」ポスタービジュアル

韓国映画「Fighter(英題)」が「ファイター、北からの挑戦者」の邦題で、11月12日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開される。

北朝鮮から逃れてきた女性ジナが韓国・ソウルでボクシングと出会い、生きる希望と勇気を取り戻していく姿を描いた本作。食堂で働くジナは中国に残した父を呼び寄せるため、ボクシングジムでの清掃仕事も掛け持ちして金を稼ぐことに。悲惨な過去と怒りを抱えて他人への壁を作るジナだったが、ジムの館長とトレーナーのテスは、彼女の中で静かに燃えるファイティングスピリットを感じ取る。グローブを渡された彼女は、次第にボクシングの世界にのめり込んでいくのだった。

監督を務めたのはユン・ジェホ。2016年の第69回カンヌ国際映画祭に出品されたドキュメンタリー「マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白」を制作した経験をもとに、本作を作り上げた。ジナを演じたのは、ドラマ「愛の不時着」のイム・ソンミ。ジムの館長には「オールド・ボーイ」のオ・グァンロク、テスにはドラマ「Wish you~僕の心の中、君のメロディー」のペク・ソビンが扮している。

(c) 2020 Haegrimm Pictures All Rights Reserved

アプリで読む