Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

Sexy Zone、『POP×STEP!?』が初登場1位に “東京から発信するポップソング”の意匠を読む

リアルサウンド

20/2/15(土) 8:00

【参考:2020年2月17日付週間アルバムランキング(2020年2月3日~2020年2月9日)】(https://www.oricon.co.jp/rank/ja/w/2020-02-17/)

(関連:Sexy Zone、「極東DANCE」から感じる“ジャニーズらしさ”とは? 作品に詰め込まれたエンターテインメントの世界

 2020年2月17日付のオリコン週間アルバムランキングで首位を飾ったのはSexy Zone『POP×STEP!?』で、推定売上131,035枚。2位はリパッケージ版のリリースで改めて順位を高めたTWICE『&TWICE』(26,719枚)だ。ほか、初登場としては4位キム・ヒョンジュン『月と太陽と君の歌』、6位BiS『LOOKiE』、7位大原櫻子『Passion』、8位東京ゲゲゲイ『キテレツメンタルワールド』、9位Green Day『Father Of All…』が並ぶ。

 2019年10月リリースのOfficial髭男dism『Traveler』のロングセラーっぷりには驚かされる。いったんトップ10圏外に移りつつ(それでも20位以内には入っていた)、年末年始、紅白出場やシングルリリースが重なったタイミングでトップ10に再浮上。年が明けてから8週に渡って安定した順位についている。現在4週目のKing Gnu『CEREMONY』は3位だが、今後どのように推移するか注目したい。

 さて、今回取り上げたいのはSexy Zoneだ。「様々なポップソングを『Sexy Zone』というフィルターを通して東京から発信する!」(参考:Sexy Zone Official Site)というコンセプトを掲げた本作には、ジャニーズ関係の作品を多く手掛ける作り手のほか、Kai Takahashi(LUCKY TAPES)や竹内サティフォ(ONIGAWARA)、tofubeatsなどが参加。加えて通常盤DISC2に収録された菊池風磨のソロ曲にはchelmicoと三毛猫ホームレスが参加している。ポップスのさまざまな側面をプレゼンするバラエティに富んだ楽曲群のみならず、参加ミュージシャンの若々しさにも注目が集まった。

 全体のサウンドはいい意味でJ-POPらしく整えられたものが並ぶ。具体的に言えば、音数が多く、分離や空間の広さを強調するよりもスムースに各パートが掛け合い、溶け合うようなサウンドだ。オープニングを飾るリード曲「極東DANCE」のように、アグレッシブなシンセサウンドが使われていてもどぎつくならないなめらかさがある(それも場合によっては良し悪しなのだが、欧米のメインストリームなポップスをガンガン聴いていたり、あるいはK-POPに慣れている人にはやはり、物足りなく感じられるだろう)。また、歌メロをよってたかって支えるストリングスやギターなどのフレーズも「J-POPらしさ」の重要な要素だが、くどくなりすぎないバランスで仕上げられている。

 一方、そんなアルバムの中に、Kai Takahashiが手掛けた「Blessed」のように音数が少なめの「今っぽい」楽曲も違和感なく収まっているあたり、単に「いろんな作り手を呼んできました」で済まさないトータルなディレクションの妙がある。ウォームでやわらかな質感のビートと物憂げな湿り気を持ったボーカルが、Sexy Zoneのメンバーたちが持つ魅力と実力を引き出している。挙げればきりがないのだが、一曲前の「タイムトラベル」も、サビで聴けるメンバーたちのファルセットに思わずうっとりしてしまう。CHOKKAKUのアレンジによるR&Bマナーのセクシーな4つ打ちも素晴らしい。

 ちなみに、収録曲中、作詞・作曲・編曲までを一挙に担っているのは、「Blessed」のKai Takahashiのほかは「MELODY」のtofubeatsのみ。参加したミュージシャンの中でも最も若い部類に入るふたりにおまかせしてしまう大胆さにも驚く。「MELODY」は歌メロから各パートのフレージング、そしてオートチューンづかいでtofubeatsのカラーをかなり押し出している。

 なるほどたしかに、2020年のいま東京から発信するJ-POPアルバムとして申し分ない出来と言える。しかし、このアルバムを東京からどこへ発信するのか? と考えると、ちょっと疑問は残る。多彩さと散漫さは紙一重でもあるし、アレンジはともかくとしてもミックスやマスタリングの面でJ-POPのマナーに忠実すぎるようにも思える。

 入手手段がほぼCDに限られるというのも解せない。東京から「日本全国に」発信ということなのだろうか。リード曲で「極東」と(欧米を中心に見た限りでの)グローバルな日本の立ち位置に言及しつつ結局はドメスティックにとどまるというのは、J-POP誕生以来の悪しき「J」の再生産では? 嵐が胸を張って「J-POP」のラベルを背負って(少なくともインターネットでの展開というかたちを取ることで)世界に対してアピールしたのにね。(imdkm)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む