Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

トランスフィールド from アジア「To ツー 通」より。

“わからない”感覚に迫るレクチャーパフォーマンス、「To ツー 通」開幕

ナタリー

19/11/2(土) 16:46

「To ツー 通」が本日11月2日に開幕した。

「To ツー 通」は、「フェスティバル/トーキョー19」の1プログラムで、アジア全体の状況を捉えつつ、アジアの文化を築く原動力となる場づくりを目指す、「トランスフィールド from アジア」シリーズの1つ。本作ではマレーシア出身のアーティストでカルチャーワーカーのオクイ・ララと、多文化コミュニティにおける制作と作品発表に取り組む滝朝子がコラボレートし、日本に暮らす外国にルーツを持つ人たちが、日本と故郷の間でやり取りする、さまざまな“モノ”の物語に迫ったレクチャーパフォーマンスを繰り広げる。

開幕に際し、オクイと滝は「『わからない』感覚や、発見、ボーダー“境界”を見ながら考えて来たことの経験を、パフォーマンス全体を通して共有したいと思っています。なので、この経験はどういった経験なんだろうかと考えながら楽しんでください」とコメントしている。

公演は11月4日まで、東京・シアターグリーン BIG TREE THEATERにて。

オクイ・ララ、滝朝子のコメント

このレクチャーパフォーマンスの中では、私達オクイ、滝が、これまで人間として、アーティストとして、旅人として経験してきた多文化社会について共有します。「わからない」感覚や、発見、ボーダー”境界”を見ながら考えて来たことの経験を、パフォーマンス全体を通して共有したいと思っています。なので、この経験はどういった経験なんだろうかと考えながら楽しんでください。時に分からないこともあるかもしれませんが、パフォーマンス全体を通して変化を感じてもらえたらいいなと思います。このパフォーマンスが今まで、例えば壁を感じて分からないと思ってたこととか、知らない人に会うような出会いの場になるといいなと思います。

トランスフィールド from アジア「To ツー 通」

2019年11月2日(土)~4日(月・振休)
東京都 シアターグリーン BIG TREE THEATER

企画・出演:オクイ・ララ、滝朝子

「フェスティバル/トーキョー19」

2019年10月5日(土)~11月10日(日)
東京都 東京芸術劇場、あうるすぽっと、シアターグリーン ほか

アプリで読む