Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「『手描き、ひらめき、おもいつき』展 ~ジブリの森のスケッチブックから~」ビジュアル (c)Studio Ghibli (c)Museo d'Arte Ghibli

ジブリ美術館で「手描き、ひらめき、おもいつき」展開催、展示物の制作に迫る

19/10/1(火) 12:00

東京・三鷹の森ジブリ美術館にて、新企画展示「『手描き、ひらめき、おもいつき』展 ~ジブリの森のスケッチブックから~」が11月16日より開催される。

2001年10月に開館した三鷹の森ジブリ美術館。「『手描き、ひらめき、おもいつき』展 ~ジブリの森のスケッチブックから~」では、同館の展示物制作について、宮崎駿自身の絵や文章で解説される。

第1室では、第1回企画展示「千と千尋の神隠し」を皮切りに、宮崎が関わった企画展示を紹介。どのように企画が生まれ、どんな修正が加えられていったのか、そして試行錯誤を重ねた作業からひらめきや思いつきで生み出されたアイデアまでを、当時の企画書やスケッチなどで振り返る。

そして第2室では、スタジオジブリが美術館を作ろうと思い立った経緯を紹介し、アイデアが描き留められたイメージボードも展示。宮崎自身が修正を入れた建物の設計図面や、美術館の立体模型も用意される。

「『手描き、ひらめき、おもいつき』展 ~ジブリの森のスケッチブックから~」は2021年5月まで開催される予定。なお三鷹の森ジブリ美術館の入場は、日時指定の予約制なので注意してほしい。2019年11月入場分のチケットは10月10日に全国のローソンで発売される。

アプリで読む