Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「どすこい!すけひら」ハロウィン試写会の様子。左から宮脇亮、知英、りゅうちぇる。

「どすこい!すけひら」知英が特殊メイク回想、監督は超特急・草川拓弥の筋肉意識

19/10/18(金) 18:35

「どすこい!すけひら」のハロウィン試写会が本日10月18日に東京・スペースFS汐留で行われ、キャストの知英、りゅうちぇる、監督を務めた宮脇亮が登壇した。

たむら純子と清智英による同名マンガをもとにした本作は、ひょんなことから事故に巻き込まれ、ナイスバディに変身した元ぽっちゃり体型の綾音を主人公とするラブコメディ。知英が綾音、草川拓弥(超特急)が人気アイドルの湊拓巳を演じた。りゅうちぇるは、拓巳の大ファンであり綾音のよき理解者フレッド・ミラーに扮している。

知英は毎回3時間以上かかる特殊メイクを経て、ファットスーツを着込み綾音を演じた。「朝早くからメイクするので、ボーっとして目を開けたら『誰だ!』ってなっちゃうくらい別人になってました(笑)。メイクさんってすごい」とチャーミングに回想。宮脇は「でもまったく別人になるのは嫌だったので、知英さんの雰囲気を残しつつ、かわいく作ってもらいました」とこだわりを明かす。

これまで本人役での演技が多く、また実写映画への出演は初めてというりゅうちぇる。フレッドという役名を最初に聞いたときは不安を感じたそうだが、「僕、日本語しかしゃべれないのに!と思ってたら、バリバリ日本語がしゃべれる謎な感じのキャラクターで、片言じゃなくてもOKでした」と述懐する。知英が「信じられないくらい自然」とその演技を絶賛すると、りゅうちぇるは「フレッドが僕みたいだったから本当に助かりました!」と満面の笑みを見せた。

イベントでは草川からのメッセージ映像が上映される場面も。草川は登壇できなかったことを謝罪しつつ、映画の魅力を「笑いあり涙あり、ハイスピードなジェットコースターに乗ってるかのような、すごいエンタテインメントな面白い映画となっております」とコメント。草川が超特急の“筋肉担当”であることにちなみ、宮脇は「超特急のファンの方にも楽しんでもらえるはず。彼の素敵な筋肉も見れます。そこは意識しました」と明かした。

最後に知英は「できあがった映画と綾音の姿に勇気をもらいました。人生がガラッと変わる瞬間があったり、友達に助けてもらったり……。きっと皆さんにも共感してもらえるはず。楽しい気持ちになって、がんばろう!と思っていただけたらうれしいです」と語り、イベントを締めくくった。

「どすこい!すけひら」は、11月1日より東京のシネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー。

(c)2019 劇場版「どすこい!すけひら」製作委員会 (c)清智英・たむら純子/講談社

アプリで読む