Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

BOYSぴあSelection 第24回 板垣瑞生

「お芝居の世界にずっとい続けたいんです」

PART1

19/9/20(金)

ひと目見たら忘れられない強い瞳、しなやかでスラリとした長身、甘い顔立ちに似合わない低い声。

まさに少女漫画から抜け出してきたかのようなこの彼、板垣瑞生くんが今、大注目を浴びています!

ボーカルダンスグループM!LKの人気メンバーで、俳優としてもブレイク中、映画への出演が次々と決まっている瑞生くんがBOYSぴあに満を持して登場です。9月20日(金)から公開される映画『初恋ロスタイム』で初主演を果たした瑞生くんに作品のことはもちろん、プライベートについてもたくさんうかがいました!

── BOYSぴあの撮影ということで、寝起きショットや朝ごはんを食べているところを撮らせていただきましたが、いかがでしたか?

板垣 恥ずかしかったです(笑)。それに実際は、こんなにさわやかには目が覚めない……寝起きが悪いほうなので。でも遅刻だけはしないように頑張ってます!

── まだ18歳なのにすごく大人っぽいですよね。子どものころはどんな子どもでした?

板垣 サッカーと水泳しかやってこなかった、ただのガキンチョでした。今もガキンチョですけど。地元の世界しか知らなくて、映画ばっかり観てました。友達と遊ぶより映画を観るほうが好きで……友達はふつうにいたけど、何時にどこ集合な! って誰かと予定を合わせてどこかに遊びに行くのが苦手だったんです。母と姉の影響で『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』とか『ハリー・ポッター』シリーズが好きでした。

── おとなしい子どもだったというわけではなく?

板垣 みんなで騒いで遊んではいましたけど、学校ではどうにかして目立たないようにはしてました。放課後はひとりで映画を観てばかりいて。おこづかいは全部映画に使っていました。でもそのころから俳優になりたいとか、映画に出たいという気持ちがあったわけではないんです。人前に立って何かをしようなんて、そんなこと思いもしなかったです。

── それが芸能界に入ることになるとは。きっかけは何だったんですか?

板垣 小5のときに渋谷のハチ公の前で今の事務所の方にスカウトされたのがきっかけです。それまでもスカウトはいろいろとされていたんですけど、やりたくないなと思っていて。でもそのスカウトのときは、「やりたいことを自由にやっていいよ」と言っていただいて、ならやってみたいなと思ったんです。レッスンも受けさせていただけるということで、そんなチャンスもなかなかないだろうし、せっかくならやってみようという気持ちになりました。

── では最初のころは、何がやりたいとか、はっきりとはなかった?

アプリで読む