Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「東京喰種 トーキョーグール【S】」大阪プレミア試写会にて、左から松田翔太、窪田正孝、山本舞香。

窪田正孝「東京喰種は大恋愛映画」と断言、松田翔太はカネキへの“極限の愛”明かす

ナタリー

19/6/25(火) 12:30

「東京喰種 トーキョーグール【S】」の大阪プレミア試写会が、大阪・大阪ステーションシティシネマで6月24日に行われ、キャストの窪田正孝、松田翔太、山本舞香が登壇した。

本作は、石田スイのマンガを映画化した「東京喰種 トーキョーグール」シリーズ第2弾。人を食らわないと生きられない、喰種(グール)と人間のハーフになってしまった主人公カネキを窪田が演じ、ヒロインのトーカに山本、カネキの宿敵で美食家の喰種・月山習に松田が扮した。

窪田は大阪の印象を聞かれると「関西は壁がない方が多いですよね。物理的な距離も近いというか(笑)」とフレンドリーさに言及。そしてカネキならではの“受け身”の芝居について「リアクションがすべてで、どれだけ無様にやられるかで相手の強さがわかる。カネキ自身は周りの皆が起こす事件や騒動に巻き込まれていく“巻き込まれ型”なので、その受け身さを大切に演じています」と説明する。

“史上最悪の喰種”月山を演じた松田は「気持ちよかったですねー!」と満足げに述べ、「『(カネキを)喰べたい』という気持ちは、そのままだと理解しにくいので『好き』という気持ちに置き換えて、とにかく『結婚したい!』『愛し合いたい!』という極限の愛に持っていくしかないなと思いました」と独特なアプローチを取っていたことを告白する。窪田も深くうなずき「バトルアクション映画と言ってはいますが、この映画は大恋愛映画なので!」と主張した。激しいワイヤーアクションを自らこなした山本は「アトラクションみたいな感じで楽しいです!」と余裕の笑み。「想像しながら演じているところも多かったので、完成した作品を観てすごいなと思いました」と手応えを口にした。

劇中のお気に入りシーンを問われた窪田は、月山とマギー演じるマーガレットの登場シーンを挙げる。同シーンで月山は喰種のマスクを着用しているが、原作とは異なるマスクのデザインは、松田のアイデアによるところも大きいのだという。松田は「月山の異常さを表現するときに、マスクの中でどんな恍惚の表情をしているか、皆さんに想像してもらったほうがいいと思いまして。息遣いでも彼の異常さを表現したいなと。マンガやアニメも観て、現実に置き換えたときにどうしたらいいのか考えました」とマスクへのこだわりを明かした。

最後の挨拶では、山本が「続編ができるように、皆さんで盛り上げていきましょう!」と元気にコメント。松田は「『松田翔太の変態っぷりがヤバかった』など、体験した感じをそのままいろいろな人に伝えていただけたら光栄です」と呼びかける。窪田は「本作を“大恋愛映画”と言わせてもらいましたが、人を好きになる形はそれぞれ違うものでも、その大元には愛情があって、それがやっぱり人間という生き物なんだということを、この作品はまざまざと感じさせてくれます」と作品に込められたメッセージに触れ、「今回はR15指定で、日本だけではなく世界に発信していくプロジェクトとしてやらせていただいています。仲間や家族についても描いているし、近くにいる人への日頃の感謝にも気付かせてくれる作品です」と熱く語った。

「東京喰種 トーキョーグール【S】」は、7月19日より全国でロードショー。

※「東京喰種 トーキョーグール【S】」はR15+指定作品

(c)石田スイ/集英社 (c)2019「東京喰種【S】」製作委員会

アプリで読む