Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「豊岡演劇祭2021」ラインナップ発表、平田オリザらが“おすすめ演目”明かす

ナタリー

左から高宮浩之、平田オリザ、相馬千秋。

「豊岡演劇祭2021 Toyooka Theater Festival」の記者会見が、昨日7月15日にオンライン開催された。

2019年にスタートした「豊岡演劇祭」は、兵庫・豊岡市を中心に実施される演劇祭。「ともに呼吸する。」をスローガンに掲げた今回は、9月9日から20日まで行われ、ラインナップには公式プログラムに加え、公募アーティストによるフリンジプログラムや、各エリアと連携した関連プログラムが並ぶ。なお、今年は豊岡市に加え、養父市、香美町でもプログラムが展開する。

記者会見には、豊岡演劇祭実行委員会の高宮浩之会長、フェスティバルディレクターの平田オリザ、総合プロデューサーの相馬千秋、プロデューサーの藤井さゆり、河村竜也、田口幹也が出席。平田は、まず昨年と大きく異なる点を、自身が学長を務める芸術文化観光専門職大学の開学だと話し、「学生約80名がインターンとして参加し、日本中から来るお客様をおもてなしします」とアピール。さらに「今回は、昨年より観光との結びつきや、“まちづくり”を強く意識したラインナップになっています。豊岡市を含む、但馬地域は日本有数の観光資源の宝庫。その魅力をアートで再発見していきたい。私たちが『豊岡演劇祭』で目指すのは、フェスティバル期間以外にも(但馬地域に)来たくなるフェスティバル。演劇祭期間中は、演劇を観るのに忙しくてゆっくりできなかったから、今度は演劇祭がないときにのんびり来よう、と思っていただきたい」と開催の意気込みを語った。

公式プログラムには、岩下徹×梅津和時 即興セッション「みみをすます(谷川俊太郎同名詩集より)」、マレビトの会「グッドモーニング」、範宙遊泳「『バナナの花は食べられる』豊岡演劇祭ver.」、百瀬文「鍼を打つ」、ツァイ・ミンリャン「蘭若寺の住人」、青年団「東京ノート」、ヌトミック「ぼんやりブルース」、Platz市民演劇プロジェクト「豊岡かよっ!」、サエボーグ「House of L」、山海塾「降りくるもののなかでーとばり」、青年団「KOTATSU」、てんらんかい「但馬づくしの講談会 於出石永楽館」、烏丸ストロークロック「但東さいさい」、to R mansion「へんてこうじょう」、青年団「銀河鉄道の夜」がラインナップされた。青年団「KOTATSU」は、フランスの劇作家・演出家のパスカル・ランベールが、青年団に書き下ろし、演出する新作。平田は「豊岡演劇祭は、“国際演劇祭”としてスタートしましたが、新型コロナウイルスの感染拡大もあり、これまでは国際色を出すことは難しかった。今年からは来年以降につなげていこうという思いで、“今やれる”国際的なラインナップも入れています」と語る。

フリンジプログラムには、現在31団体がエントリーしている。河村は、フリンジプログラムに127もの応募があったことを明かしつつ、「応募内容が昨年と比べて、市民参加型の企画や、屋外での公演企画が多いことが印象的でした。市民や来訪されるお客様の皆様には、観るだけではなく、体験しながら味わっていただければ」と話す。また、関連プログラムには、JR西日本の観光列車・うみやまむすびとスイッチ総研のコラボレーション企画「絶景!!日本海!山陰本線ローカル駅スイッチ」や、豊岡市内の宿やレストランで古典文学のリーディングを楽しむことができる「よるよむきのさき お食事×文学×リーディング」といった、地域密着型のプログラムが並んだ。

記者から「おすすめの演目を教えてほしい」と問われると、平田は「その質問、来ると思っていました(笑)」とニヤリと笑い、「大きな目玉は、やはり山海塾さんの『降りくるもののなかでーとばり』じゃないでしょうか。また、私達の世代で言うと、(『みみをすます』出演の)ミュージシャン・梅津和時さんは、神様みたいな人。梅津さんの生演奏と、岩下徹さんのダンスが観られるということで、皆様には至福の時間を体験していただけるかと」とコメントした。

相馬は平田の発言に頷きつつ、サエボーグ「House of L」と百瀬文「鍼を打つ」を推し、「『豊岡演劇祭』の魅力は、いろんな価値観が集まっているという多様性。そういう意味でも、サエボーグさんのパフォーマンスは、大人も子供も、それぞれの感性で楽しむことができる作品。遊戯的な空間の中で、社会批評的なものもありつつ、お客様が会場に好きなだけいられるという設計にもなっています。『鍼を打つ』は、はり師の方が来場者に実際に鍼を打つ、という作品なのですが、志賀直哉が治癒のため泊まっていた宿、城崎温泉 三木屋さんで実施されます。1回に6人までの定員となっているので、チケット争奪戦間違いなしなのですが(笑)、はり師さんが6人、お客様が6人という、1対1でのパフォーマンスになります。場所も相まって、ここでしかできない、特殊な体験になるのでは」と話す。

藤井は「その会場、そのエリアでできあがった作品を体験していただきたい」と話し、玄武洞公園、諸杉神社、但馬漁業協同組合 竹野支所と3つの場所で、即興セッションとして上演される「みみをすます」と、出石永楽館で開催されるてんらんかい「但馬づくしの講談会 於出石永楽館」、そして烏丸ストロークロックが、民話をモチーフに、そのエリアの子どもたちと神楽を制作するプログラム「但東さいさい」を挙げた。

最後に平田は「東京の演劇界は新型コロナウイルスにより、経済面・精神面で深い傷を負っています。だからこそ、豊岡で演劇の明かりを灯し続けるということが、とても大事なメッセージになると思っています。また第1回、第2回と開催を続けていくことが、来年以降、若手の演劇人にとって『豊岡で演劇をやりたい』という気持ちを育てることにつながれば」と言葉に力を込めた。チケットの一般販売は、8月6日にスタート。なお、サエボーグ「House of L」は、現在出演者を募集している。詳細は公式サイトを確認しよう。

「豊岡演劇祭2021 Toyooka Theater Festival」

2021年9月9日(木)~20日(月・祝)

公式プログラム

岩下徹×梅津和時 即興セッション「みみをすます(谷川俊太郎同名詩集より)」

2021年9月9日(木)
兵庫県 玄武洞公園

2021年9月11日(土)
兵庫県 諸杉神社

2021年9月14日(火)
兵庫県 但馬漁業協同組合 竹野支所

出演:岩下徹、梅津和時

マレビトの会「グッドモーニング」

2021年9月10日(金)~12日(日)
兵庫県 城崎国際アートセンター

作・演出:松田正隆
出演:生実慧、石田ミヲ、小坂浩之、酒井和哉、田中夢、西山真来、深澤しほ、松橋和也、三間旭浩、矢野昌幸、山科圭太、吉田萌、我妻直弥

範宙遊泳「『バナナの花は食べられる』豊岡演劇祭ver.」

2021年9月18日(土)・19日(日)
兵庫県 城崎国際アートセンター

作・演出・映像操作:山本卓卓
出演:埜本幸良、福原冠、井神沙恵、入手杏奈、細谷貴宏 ほか

百瀬文「鍼を打つ」

2021年9月10日(金)~14日(火)
兵庫県 城崎温泉 三木屋

構成・演出:百瀬文

ツァイ・ミンリャン「蘭若寺の住人」

2021年9月9日(木)~12日(日)、16日(木)~19日(日)
兵庫県 芸術文化観光専門職大学 小劇場

監督:ツァイ・ミンリャン
脚本:ツァイ・ミンリャン、クロード・ワン
出演:リー・カンション、チェン・シァンチー、イン・シン、ルー・イーチン

青年団「東京ノート」

2021年9月14日(火)~20日(月・祝)
兵庫県 芸術文化観光専門職大学 学術情報館

作・演出:平田オリザ
出演:山内健司、松田弘子、永井秀樹、小林智、兵藤公美、能島瑞穂、大竹直、長野海、堀夏子、村田牧子、中村真生、菊池佳南、佐藤滋、中藤奨、吉田庸、藤谷みき、石渡愛、木村巴秋、南風盛もえ、山田遥野

ヌトミック「ぼんやりブルース」

2021年9月16日(木)~18日(土)
兵庫県 芸術文化観光専門職大学 劇場

構成・演出・音楽:額田大志
出演:朝倉千恵子、鈴木健太、長沼航、額田大志、原田つむぎ、藤瀬のりこ

Platz市民演劇プロジェクト「豊岡かよっ!」

2021年9月11日(土)・12日(日)
兵庫県 豊岡市民プラザ

作・演出:内藤裕敬
出演:福重友、松浦絵里、市橋若奈、寒川晃、有田達哉、ことえ、坂口修一 / 天野敦史、居相歩美、岡村美佳、奥村佳子、川口八郎、小石原千尋、坂岡明美、杉山功起、高橋玲奈、椿野真世、野村聡子、ひさ、藤原奈緒美

※高橋玲奈の「高」ははしご高が正式表記。

サエボーグ「House of L」

2021年9月17日(金)~20日(月・祝)
兵庫県 豊岡市民プラザ

構成・デザイン:サエボーグ
ドラマトゥルク:セバスチャン・ブロイ

山海塾「降りくるもののなかでーとばり」

2021年9月19日(日)・20日(月・祝)
兵庫県 豊岡市民会館

演出・振付・デザイン:天児牛大
音楽:加古隆、YAS-KAZ、吉川洋一郎
舞踏手:蝉丸、竹内晶、市原昭仁、松岡大、岩本大紀、高瀬誠、伊藤壮太郎

※蝉丸の「蝉」は旧字体、高瀬誠の「高」ははしご高、「瀬」は旧字体が正式表記。

青年団「KOTATSU」

2021年9月9日(木)~12日(日)
兵庫県 江原河畔劇場

作・演出:パスカル・ランベール
共同演出・日本語監修:平田オリザ
翻訳:平野暁人
出演:山内健司、兵藤公美、太田宏、知念史麻、申瑞季、荻野友里、佐藤滋、森一生、名古屋愛、淺村カミーラ

てんらんかい「但馬づくしの講談会 於出石永楽館」

2021年9月11日(土)
兵庫県 出石永楽館

講談台本:四代目旭堂南陵 ほか
構成・総合演出:天明留理子
出演:旭堂南陵一門

烏丸ストロークロック「但東さいさい」

2021年9月14日(火)
兵庫県 畑山 日出神社

2021年9月17日(金)
兵庫県 唐川 岡神社

2021年9月20日(月・祝)
兵庫県 久畑 一宮神社

構成・テキスト・演出:柳沼昭徳
音楽・チェロ演奏:中川裕貴
出演・囃子:澤雅展、坂田光平、崎田ゆかり、柳泰葉、但東のこどもたち ほか

to R mansion「へんてこうじょう」

2021年9月11日(土)
兵庫県 香住区中央公民館

2021年9月12日(日)
兵庫県 ビバホール

作・出演:上ノ空はなび、丸本すぱじろう、野崎夏世、江戸川じゅん兵
音楽・演奏:イーガル

青年団「銀河鉄道の夜」

2021年9月18日(土)
兵庫県 香住区中央公民館

2021年9月20日(月・祝)
兵庫県 ビバホール

原作:宮沢賢治
作・演出:平田オリザ
出演:田崎小春、永田莉子、福田倫子、たむらみずほ、瀬戸ゆりか

フリンジプログラム 参加団体ラインナップ

Our Clothesline with Monica Mayer「The Clothesline in Toyooka」
有吉宣人「小学生と『失敗』を探る演劇ワークショップ『失敗がいっぱい』」
一般社団法人毛帽子事務所「豊岡物語プロジェクト」
居留守「不 快 な も の に 触 れ る」
ゑびす大黒座「地獄極楽 妖怪ショー!!」
演劇ユニット茶話会「いかけしごむ」
おもたせシアター「あさねぼうの神さま」
かもめマシーン「もしもし、シモーヌさん」
北近畿ドラムサークル “COCOneiRO”「コミュニティドラムサークル」
日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA)×太田奈緒美×波田野州平 「風土とともにつくるということ ― 竹野で生まれた2つの作品をめぐる映像上映と交流会」
小菅紘史×中川裕貴「山月記」
坂口修一「『お父さんのバックドロップ』リーディング公演」
佐藤朋子「明日への寓話―ツル/アンティゴネ(仮)」
The end of company ジエン社「何もしない園」
SCOOL「演劇を配信することについて」
高山玲子「演劇の町」
竹中香子「竹中香子プレゼンツ『しおりの部屋』」
舘そらみ「体験型講座『脚本家の仕事を疑似体験~物語のタネを作る方法~』」
ダンスカンパニー DE PAY’S MAN「パーティ・チューン ~ストリート進行計画~」
月灯りの移動劇場「Peeping Garden | re:creation」
日坂春奈「そうめん食堂とかみしばいや(仮)」
バストリオ+松本一哉「黒と白と幽霊たち」
ファニーボーンズwithヨッシー「The Little Little Big Show」
PUYEY(ぷいえい)「today in 出石」
MuDA × AKIRA∞IKEDA × 村山大明「OKUKINOSAKI ART CYPHER」
ムニ「須磨浦旅行譚」
森永明日夏「オンラインでNYとつながって演劇で遊んでみよう!」
山川陸+武田侑子(Transfield Studio)「Sound miles」
ルサンチカ「WILD THINGS」
y/n「カミングアウトレッスン」

※Monica Mayerの、oはアキュートアクセント付き、ゑびす大黒座の「黒」は旧字体が正式表記。

関連プログラム

城崎発演劇列車 JR西日本観光列車「うみやまむすび」×スイッチ総研「絶景!!日本海!山陰本線ローカル駅スイッチ」

2021年9月11日(土)~13日(月)
兵庫県 香住駅、鎧駅、餘部駅

「よるよむきのさき お食事×文学×リーディング」

2021年9月9日(木)・10日(金)、13日(月)~15日(水)

「フェスティバルナイトマーケット」

2021年9月10日(金)・11日(土)
兵庫県 江原駅前イベント広場

2021年9月18日(土)~20日(月・祝)
兵庫県 市役所本庁舎前市民広場

「劇評企画(仮)」

コーディネーター:山崎健太
執筆者:渋革まろん、關智子、高嶋慈

※山崎健太の「高」ははしご高が正式表記。

ON-PAM「Next Producers Meeting」

コーディネーター:坂本もも、谷陽歩

※初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

アプリで読む