Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Jewelが明かす、J☆Dee’Zからの改名と前向きな変化 「世界に通用するものを作り続けていきたい」

リアルサウンド

19/7/24(水) 16:00

 2019年6月13日、ライブイベント『J☆Dee’Z 10th Anniversary Party!!!』にて、J☆Dee’ZからJewelへの改名を発表。そして、改名後の第一弾シングル『前へ』が7月24日にリリースされた。

『前へ』MV/Jewel(YouTube edit)

 表題曲「前へ」は、泉まくらやドレスコーズなどの楽曲制作にも携わるmaeshima soshiが手掛けたエレクトロナンバー。J☆Dee’Z時代の楽曲とはアプローチが異なる、Jewelとしての可能性や方向性を示すような新曲となった。結成10周年を迎えた彼女たちは、なぜ改名という道を選んだのか。改名へと至った理由や各メンバーの心情、これから始まるJewelとしての夢を聞いた。インタビュー後半では、maeshima soshiの単独インタビューを掲載。「前へ」の制作秘話を語ってもらった。(編集部)

良い意味で予想をひっくり返された

ーー改名が発表された先日の10周年ライブ(『J☆Dee’Z 10th Anniversary Party!!!』)は、周年を祝うものでもあり、2年前埋められなかったduo MUSIC EXCHANGEでのリベンジ公演であり、改名ライブでもあったという、色んな文脈が入り組んだものでした。3人はどんなことを思ってステージに立ったんですか(参考:J☆Dee’ZからJewelへーー改名発表とともにさらに前へ踏み出す決意示した10周年ライブ)。

MOMOKA:緊張はしてましたけど、改名の発表があるってわかっていたからこそ、肝が座っていたところはあるかもしれません。

Nono:1曲1曲、その時期の自分たちを思い出しながら歌っていました。特にJ☆Dee’Zとして最後の曲だった本編ラストの「あと一歩」は、すごくウルっときちゃって。

ami:ステージ前の円陣から「これまでの活動で一番楽しいライブにしようね」って言ってたので、それが実現できた空間でもあったと思います。

ーーオープニングムービーでMOMOKAさんが髪を切った瞬間、会場がザワついていましたが、3人にはその反応が見えていたんでしょうか。

Nono:もちろん聞こえてました!

MOMOKA:そうなるかなとは思ってたんですけど、ステージに立ってみて2回目のザワつきがあって、しかもアカペラ始まりだったので、自分たちも「いつ始めよう?」って戸惑いはしました(笑)。リハでも「こうなるかな? もしくはこういう反応かも」って想定していたんですが、結局そのどれにもならなくて。

ami:「改名します!」と発表したときに、お客さんから「頑張れー!」という声や拍手をいただけるとは思ってなかったんですよ。どちらかというとシーンとなっちゃうかなと。でも皆さん受け入れてくださって、良い意味で予想をひっくり返されました。

Nono:自分たちの一言一言を理解してくれようとしているのが伝わってきて。本当にJeweler(J☆Dee’Z〜Jewelファンの総称)さんに支えられてるなと感じました。

ーーちなみに、改名が決まった時期はいつくらいなんですか?

Nono:実現はしてなかったんですけど、かなり前から話に出ていたことではありました。タイミング的には10周年を迎えてもっと進化していきたい、変わっていきたいという思いを込めて、ここで改名することにしたんです。

ーー名前を変えるだけじゃなくて、曲・衣装・ビジュアルと大きく変化したことも印象的です。3人にとって、これらの変化をしたことで内面的に変わったことは?

MOMOKA:大きい変化だなと思います。衣装に関しては、今まではスポーティーな感じだったり、ラフな方向性だったんですけど、今回の衣装は色もモノクロでクールなイメージで、着た瞬間にシュッと気が引き締まるんです。髪型も大きく変わったので、鏡に映った自分が今までと違うところは曲にも存分に出ていると思います。

ami:髪を切ったのは大きな変化でした。MOMOKAも50cm切って、私も黒髪にしてベリーショートにして、Nonoはかき上げるスタイルに変えたりしたことで、気分もかなり変わりました。実は結構前から、このイメチェンに向けて“髪の毛フィッティング”をやってたんですよ。ウィッグをいろいろ被って「こっちの方がいい」みたいなことを言い合って。そうやって計画的に進めていくうちに、だんだんと“改名”をすることの実感が湧いてきました。

変わるというよりは“進化していく”

ーー改名後初めての曲としてリリースされるシングル表題曲「前へ」は、これまでのR&B〜HIPHOP〜ファンク路線から一変し、Future Bassや2stepといったクラブミュージック路線の楽曲になりました。受け取ったときにどう思ったのか聞かせてください。

Nono:個人的に好きでカッコいいと思ったので、スルッと入ってきたというか。変わるというよりは進化していくんだ、というポジティブな印象をかなり受けました。

ami:「これを歌いこなせるようなグループにならなきゃいけないんだ」と思いました。パワーだけじゃ押し切れないし、歌い方も変わる部分もあって。どうやって表現しようと色々考えて、技術面でも大きく変化しなきゃいけないと感じてドキドキしていました。

MOMOKA:今までは生楽器をメインにしたバンドサウンドが多かったんですけど、打ち込み主体のダンス感が強い曲に変化したので、今まで出せなかったダンスの部分も出せるようになったり、自分たちの強みがさらに加わったように感じました。

ーーパフォーマンスを見たときに思ったんですが、振り付けの方向性がガラッと変わりましたよね。リオオリンピック閉会式や三浦大知のツアーでダンサーを務めていたKANATAさんが振り付けを担当したことで、これまでのグルーヴで踊る感覚というより、パキッとした動きが増えた印象です。

Nono:今までJ☆Dee’ZではHIPHOPダンスをベースにスポーティーなテイストを加えていく感じだったんですけど、今回はは女性らしい動きを見せることも意識していて、キレや音を抜いた箇所を重点的に練習しました。振り入れの時はこれまでと違う方向性だったので、やっぱり難しく感じましたね。

MOMOKA:今までは、女性らしい振りをあえて抜いていたところもあるんですよ。でも、それを出せるようになったのは純粋に嬉しいですし、このタイミングだから取り入れられるようになったという意味では、すごく大きいことだと思います。

ーーJ☆Dee’Zの初期、ダンスグループとして活動していた時期の経験も、ここにきて存分に活きているような気がします。

ami:たしかに! 振り入れのときも色んなことをメンバーと話しました。「これをヒールで踊ったらどうなるんだろう」とか、髪型を変えて踊ってみたら大人になった感覚がすごくあってテンションが上がったりしたんです。

ーーMVも、これまでのギミックありきのものではなく、ダンスが軸にあって、シンプルに魅力が伝わってくるものでした。

MOMOKA:たしかに、シンプルにダンスを見せるってあんまりやってこなかったですね。

ーー全部がレベルアップというより、別のステージへ行ったくらいの変化を感じます。ライブでも実際にあの1曲で会場の雰囲気をガラっと変えたくらいですから。

ami:あれを生バンドでやったのはすごかったな。

MOMOKA:最初に聞いたときから「これバンドでやったらどうなるんだろう!」と楽しみにしていたんですけど、思ってた以上にかっこよく仕上げてくださって。

ami:リハの時はドラムの(田中)航さんに「ここはキメの音がどうしても欲しいので、こっち叩きながらこれも叩けますか?」と相談したり。今までは音楽面はバンドさんに信頼を置いてお任せしていたんですけど、Jewelになってダンスにより力を入れるようにしたことで思いも強くなったので、こちらからお願いすることも増えました。

Nono:みなさんも「任せて!」って言ってくださって、いい形で音を作っていけたと思います。

Jewelなりの歌や表現の追求

“J☆Dee’Z”結成10年の軌跡、そして“Jewel”への改名に込めた決意

ーー話を聞く限り、Jewelとしての活動を始めることで、自主的に「こう変えよう」「変わっていくんだ」という思いが強くなっていったんですね。そういう意味で改名は大きな後押しにもなったと。

ami:改名をすることにはもちろん不安もあったんですけど、考え方を変えれば「自分たちのやりたい形をイチから作れる」なと。だからこそ、「今のタイミングで自分たちがやりたい音楽、衣装、パフォーマンスを考えよう」と3人で話し合って、前向きに変化していけるようになったんだと思います。

ーーやりたいことを前に出していけるような環境になった、ということですが、そこには3人のどんなインプットが反映されているのか気になります。今の環境になったことで、新たに取り入れるものも変わってきたり?

Nono:歌の部分に関しては、気持ちを込めて全力で歌うことに加えて、感情の繊細な表現を意識して歌うようになりました。レコーディングのときにも色んなアーティストさんを研究したり。

ami:Jewelなりの歌を、どういう形で表現するかはすごく考えましたね。参考になる方の歌い方をスタッフさんと何回も見て、自分たちなりに解釈してみたり。

MOMOKA:曲選びもそうですね。以前はある程度まで絞り込んだ曲を聴かせてもらっていたんですが、今回はかなり手前の段階から参加しています。大事なタイミングだからこそ、今までで一番時間をかけてかなりたくさんの曲を実際に歌ってみるところまでやりました。

ーーそのうえでこの曲を選んだというのはすごいですね。

MOMOKA:今の自分たちの見せ方、やりたいことを絞っていった結果、必然的にこの曲になりました。

ami:中には英語詞の曲もあったよね。

MOMOKA:実際に英語でレコーディングもしたんですよ。

Nono:他のアーティストさんの曲を“Jewelっぽく歌ったらどうなるか”とカバーしてみたりもしました。

ーー今年の4月、J☆Dee’Zとしてのツアーでジェシー・J、アリアナ・グランデ、ニッキー・ミナージュによる「Bang Bang」をカバーしていたり、思い返せば伏線のようなものはあった気がします。

Nono:自分たち自身も世界に通用するアーティストになりたいと改めて思うようになったので、海外アーティストの曲を聴いたり、歌い方を研究して取り入れていくことは意識しています。

ーーライブで「前へ」を披露しているのを見て、僕が連想したのは『Coachella 2019』でのBLACKPINKのパフォーマンスでした。三人はよりワールドワイドになっていくであろうJewelのこれからにおいて、やってみたいこと・立ってみたい舞台はありますか。

MOMOKA:一気にやりたいことの幅が広がった感じです。今回の挑戦で新たな発見がたくさんあって、やりたいことも色々と見つかりました。挑戦したい歌い方も曲も色々あります。

ami:ダンスしながら歌うという今までのスタイルは変えず、前よりもダンスのパーセンテージは上げていきたいと思っています。より洗練されたものを見せていきたいというか。

Nono:イヤモニが必要なくらいの会場に行きたいですね。踊りながらだとステージの中で聴こえる音が変わってくるところがあるので、早く会場の規模もどんどん上げていきたいです。

ーーワールドワイドというキーワードでいえば、カップリングの「アシタノアタシ」は、ダニー・ハザウェイ、エリック・クラプトンのバンドに参加していたベーシストのウィリー・ウィークス、ホイットニー・ヒューストンやシンディー・ローパー、ロイ・エアーズなどのバンドでキーボードを務めていたフィリップ・ウーがレコーディングに参加。ドラムは、MISIAやEXILEといった日本の著名アーティストのレコーディング/ライブへ参加するFUYUが担当しています。

Nono:レコーディングがすごく楽しかったです。直接立ち会うことはできなかったんですけど、映像を見て3人で「すごい!」って言い合ってました。ヘッドフォンから聴こえる音がすごくて。相乗効果で歌もいつもより引き上げられた気はします。

ーーそこにライブでバンマスを務める佐々木望さんがギターで参加もしているという。佐々木さんと河田総一郎さんによるSoulifeが手がけた「Jewel」も、今回「Jewel-next story-」という新たな形で生まれ変わりました。かなり大胆にアレンジされていますが、原曲をここまで変えることに恐怖はありませんでしたか?

ami:ありました! J☆Dee’Zとして最後に出したアルバムの曲だから、それを“変えずに変える”にはどうすればいいんだ、と考えて。

MOMOKA:行き過ぎて「これは『Jewel』じゃない」ってなっても困るし、かといって同じものなら意味がないですし。ラップパートを入れる、キーを変える、テンポを遅めるなど、色々変化をつけることで、今の形に行き着きました。

ーー“ぶっ壊し過ぎないようにぶっ壊す”という意味では、アンサーソングとしてリリースした「Re:100万回の「I love you」」での経験も活きているような。

ami:そうですね。あと、ラップは「今すぐに会いたい」でもやっていたので、そのあたりとも結びつけながらの進化を意識しましたし、色々な歌い方を試しながら録りました。

MOMOKA:表現したい方向性に合わせて歌い方を細かく調整して、私たちらしいものにしようというのを探っていくうちに、あまり重ねないほうがいいとか、そういう案が出てきました。

Nono:サビのハモリも無くなったもんね。

ーーこうして『前へ』は改名1発目の作品としてインパクトの大きいものになったわけですが、同じくらいの衝撃を次作以降に残せるか、というのも重要です。

ami:Jewelとしてさらにパフォーマンスを磨いて、世界に通用するようなものを作り続けていきたいですね。だから……次もお楽しみに!

maeshima soshiが語る、『前へ』制作秘話

maeshima soshi / slide feat. k-over (City Your City)

ーードレスコーズ「もろびとほろびて」のアレンジも、泉まくら「いのち」「エンドロール」「白濁」もいちリスナーとして聞かせてもらっていました。「前へ」は、Future Bassと2stepの要素が入った楽曲ですが、これはお題としてあらかじめあったものですか。それともmaeshimaさんのアイデアだったり?

maeshima soshi(以下、maeshima):四つ打ちは最初の段階から決まっていたことですね。そこから自分で作っていくなかで「もっとダンスありきの曲にしよう」と思った時に、縦ノリよりも横ノリのグルーヴが欲しくなって2stepにしてみたらハマったんです。

ーー横ノリだけなら他にも色んなジャンル・テイストがありますけど、そこでなぜ2stepを選び取ったんでしょうか。

maeshima:自分自身が好きだから、というのは大きいと思います。安心するビートでもあり、m-floの「come again」じゃないですけど、なんとなく耳馴染みのあるカッコいいヒット曲というか。

ーーグループが改名して、ビジュアルなども含めてワールドワイドに展開していくことを意識させる楽曲として、この2ジャンルを取り入れた攻めの曲になっていることに驚きました。とはいえ、ループの音楽というよりは、展開がコロコロと変わる構成になっているのも面白いです。

maeshima:やっぱり歌ものだから、ですね。クラブミュージックは展開よりも同じリフをループさせて、ビート・リズムのテンポを変えて抑揚をつけるわけですけど、J-POP的な抑揚の付けかたとしては展開を多くすることが正解なんじゃないかと思ったんです。あと、音が極端に差し引かれたり、ドラムを抜いた隙間を作ることも意識しました。これは完全に僕の趣味なんですけど(笑)。

ーー音を抜くことでハッとするメリハリが出ますよね。

maeshima:そうなんです。我に返る瞬間というか。あと、ワールドワイドな展開という風にお話されていましたけど、僕としてはトレンドを意識するというより、10年後・20年後に“古くもあるけど新しい”と解釈して聴ける曲なのかなと。すぐに古く聞こえないような音を意識して作ったところはあります。

ーー“古くもあるけど新しい”という意味では、Future Bassと2stepも取り入れながら、コード感はジャズ〜R&Bっぽい王道なものを使っている印象を受けました。

maeshima:最近のR&BやK-POPでもよく使われているコードなんですよ。韓国R&BのSik-Kやトラップ・ヒップホップあたりからの影響があるのかもしれないです。僕自身、コード進行の中でも半音上がる音みたいなものはよく使っていますね。それは意図的というより、ここ2〜3年で「飽きてきたから1つ音を変えてみよう」と繰り返しているうちにこうなったんだと思います(笑)。

ーー作っていくなかで、曲の骨子が完璧に定まった瞬間は?

maeshima:1回目の音源提出前なんですけど、1番と2番の間奏が決まった時点で「これは絶対いい曲になる」と思いました。

ーーアウトロの終わり方も、エレピの音だけになってスッと引く瞬間が印象的ですね。

maeshima:アウトロはクールダウンするのが好きなんですけど、100から0になる展開が好きというか。その前はカットアップも含めて一番盛り上がる箇所になっていたので、思いっきり引いてみました。

ーー〈yeah 今前へ yeah〉の部分にも顕著ですが、英詞っぽく聞こえる作詞のギミックも使われています。仮歌段階では英詞だったりしたんですか?

maeshima:いえ、仮歌詞の段階から完全に日本語でした。ただ、言葉の響きとメロディの相性だけで作ったので、意味的には支離滅裂なものになってしまっていました。それをイワツボコーダイさんが響きをなるべく変えないまま、J-POPの歌詞として通じるように整えてくださって、すごくありがたかったです。〈紙にハサミ入れてく瞬間〉なんて歌詞、普通思いつかないですよね。改めて作詞家の方のすごさを感じました。

Jewelの歌声に感じた“強さ”

ーーこれまで手がけてきたアーティストはソロアーティストのみでしたが、3人組に曲を作るうえでは歌を割ったり、コーラスワークを考えたりする必要もあったわけですよね。

maeshima:ああ、たしかにそうですね。

ーーそこで意識したり、制約となった部分はありましたか。

maeshima:メロディを作る際にはやはり意識しましたね。でも、ソロよりもやりやすかったかもしれないです。ソロだとメロディと歌がぶつからないようにしてるんですよ。よくある最後のサビで歌と同期のコーラスがユニゾンしてるものとかがあまり好きじゃなくて。基本的にライブでも普通に歌えるようにするものが好きなんですけど、3人いればそこもコーラスワークで補えるからぶつかっても大丈夫ですし、歌に厚みも出るので。

ーーたしかに、音数が多くなっても歌の邪魔にならないところもありそうですね。これまで手がけてきた曲よりトラック数も多そうですし。

maeshima:音数・トラック数は多かったですね、作っていてどれかわからなくなってくるくらいに(笑)。

ーー最終的に歌入れ・ミックス・マスタリングを終えたものを聞いた感想は?

maeshima:抜けが良くなったのが印象的でしたし、ハモリも良かったですね。最終的に歌として混ざっているものを聴いたときに「カッコいいな」と思いました。あと、クラブサウンドに寄りすぎないかも自分のなかでは心配だったのですが、J-POPとしても成立するように整えてくださったなと。

ーークラブサウンドに寄りすぎて欲しくなかったんですね。

maeshima:そっちに寄せすぎると、界隈に聞かせるだけの歌になっちゃいそうで。J-POPシーンにクラブサウンドが入っている、という姿勢のほうが良いんじゃないかと思ってたんです。

ーー3人の声に関してはどうですか?

maeshima:強さを感じたんですよ。アタックが強い声というか。打楽器みたいなハネてる感じがグルーヴになっていて良いなと思いました。あと、歌詞に意味が出てきたので感情もいい形で付いてきたなと。歌詞的にもトピック的にもどうなるのかという不安な感じが歌い方にもしっかり出ているように感じました。それは作曲の段階では出ない部分だと思うので。

(取材・文=中村拓海/写真=林直幸)

■リリース情報
Jewel『前へ』
2019年7月24日(水)発売
『前へ』先行配信中

初回生産限定盤:¥2,000(税込)¥1,852(税抜)
※DVDには、2019年4月27日に横浜BAYHALLにて開催された『J☆Dee’Z Spring tour 2019〜Music Athletic!!!』TOUR FINALの模様を収録
通常盤:(SRCL-11212)/¥1,200(税込)¥1,111(税抜)

<CD収録内容>
M1.前へ
M2.アシタノアタシ
M3.Jewel-next story-
M4.手紙〜拝啓 十五の君へ〜

<DVD収録内容>
『J☆Dee’Z Spring tour 2019〜Music Athletic!!!』
2019.04.27 TOUR FINAL@横浜BAYHALL
1.Opening
2. Athletic!!! メドレー
(Dream Arch〜Dance Dance Solution〜Beasty Girls〜Secret Dancer)
3. Fun Time Funk!!!
4. 明日も、世界は回るから。
5. Answer
6.いますぐに会いたい

■ライブ情報
フリーライブ
日時:2019年7月24日(水)19:00〜
会場:タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
入場無料
※詳しくはHPにて

『【BREAK IT DOWN】ライブ&トークショー 2019』
出演:KEN THE 390、J ☆Dee’Z、YU-A、GROOVE ASYLUM (Dickey’s Band)
日時:2019年7月27日(土) 開場 15:00 開演 16:00
会場:イベントホール メロディライン
チケット: ¥4,500(税込/1ドリンク付き/全席指定)
※取扱いプレイガイド:チケットぴあ  TEL:0570-02-9999 (Pコード/153-186)
販売期間:5月27日(月)10:00〜7月24日(水)〜23:59

■関連リンク
オフィシャルホームページ
オフィシャルTwitter
オフィシャルInstagram

アプリで読む