Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「僕たちは希望という名の列車に乗った」ティザービジュアル

黙祷が国家への反逆行為!?東ドイツで起きた実話描く映画公開

ナタリー

18/12/28(金) 13:00

「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」のラース・クラウメが監督を務めた「僕たちは希望という名の列車に乗った」が、5月17日より東京・Bunkamuraル・シネマほか全国で公開される。

本作は、ベルリンの壁建設前夜に東ドイツで起きた実話をもとにする青春映画。1956年、東ドイツの高校に通うテオとクルトは、映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を目の当たりにする。自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らは級友たちに呼びかけ授業中に2分間の黙祷を実行するが、それはソ連の影響下に置かれた東ドイツでは“社会主義国家への反逆”と見なされる行為だった。1週間以内に首謀者を教えるように当局から宣告された生徒たちは、仲間を密告するか信念を貫くかという重大な選択を迫られる。

テオ役でレオナルド・シャイヒャー、クルト役でトム・グラメンツが出演。ヨナス・ダスラー、ロナルト・ツェアフェルト、ブルクハルト・クラウスナーもキャストに名を連ねた。

(c)2018 ZDF/ Logos: akzente, zero one, Studiocanal und Wunderwerk

アプリで読む