Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「黙示録 映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄」書影

映画プロデューサー奥山和由が波乱万丈の映画人生を語る書籍発売、聞き手は春日太一

ナタリー

19/10/7(月) 22:00

書籍「黙示録 映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄」が10月10日に発売される。

ハリウッドリメイクされた「ハチ公物語」、ビートたけしを監督に抜擢した「その男、凶暴につき」、竹中直人の初監督作「無能の人」、佐藤浩市、本木雅弘、根津甚八、竹中、椎名桔平が共演した「GONIN」、今村昌平に2つ目のパルムドールをもたらした「うなぎ」など、1980年代から90年代にかけて数多くの話題作を生み出した映画プロデューサー奥山和由。近作には中村文則のデビュー小説を武正晴が実写化した「銃」、樹木希林が初めて企画を手がけた「エリカ38」などがある。35歳で松竹の取締役になったのち会社を追われ、波乱万丈の映画人生を送る奥山が、数々の監督との制作裏話、俳優たちの秘話などを語った。

聞き手、構成は「あかんやつら 東映京都撮影所血風録」で知られる映画史・時代劇研究家の春日太一。11月3日には東京・TSUTAYA TOKYO ROPPONGIで奥山と春日によるトークライブが開催される。こちらは明日10月8日正午に予約開始。詳細はイベントの特設ページで確認を。

アプリで読む