Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

舞台「幽☆遊☆白書」ゲネプロより。

崎山つばさの霊丸炸裂!「幽☆遊☆白書」荒木宏文はおしゃぶりしたままトーク

ナタリー

19/8/28(水) 21:00

舞台「幽☆遊☆白書」が本日8月28日に東京・シアター1010で開幕。これに先駆け、ゲネプロと囲み取材が本日行われた。なお本記事には本編の詳細な内容は記載していないが、舞台写真を掲載しているため、ネタバレを避けたい方は注意してほしい。

マンガ「幽☆遊☆白書」は、1990年から1994年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された冨樫義博の代表作の1つ。御笠ノ忠次が脚本・演出を手がける今回の舞台版には、浦飯幽助役の崎山つばさ、桑原和真役の郷本直也、蔵馬役の鈴木拡樹、飛影役の橋本祥平、コエンマ役の荒木宏文らが出演する。

舞台版では、交通事故で死んだ浦飯幽助が試練をクリアして生き返り、霊界探偵として働くことになった原作初期のエピソードに、外伝の要素を加えたストーリーが展開する。

ゲネプロ前の囲み取材には、メインキャスト5人が出席。まず崎山は、共に稽古をしてきたカンパニーのメンバーに信頼を寄せつつ、「原作を知っている方には『懐かしい』と思っていただきたいですし、初めて観る方には『こんな舞台、観たことない!』と感じてもらえたらと思います」とアピール。郷本は、桑原さながらの威勢のよい挨拶で場を和ませながら、「いいチームワークで毎日稽古してきたので、その団結力が作品にも表れていると思います」と手応えをを語った。

原作マンガやアニメ版のファンだという鈴木は「稽古初日、幽助が第一声を発したとき、『幽☆遊☆白書が帰ってきた!』と肌で感じました。新しい、でもどこか懐かしさを感じる『幽☆遊☆白書』をお届けしたいです」とニコリ。続く橋本は「幅広い世代の方に愛されている作品なので、生半可な気持ちではできません。プレッシャーや緊張と闘いながらも、楽しんで、最高なものをお届けできるようにがんばります」と意気込みを述べる。

コエンマのトレードマークであるおしゃぶりを口に付けたまま登場した荒木は、「おしゃぶりが邪魔で……」とぼやいて会場の笑いを誘いつつ、「稽古初日から、皆さんのクオリティの高いお芝居を観られて刺激をもらいました。プレッシャーもありますが、『見せつけてやるぞ』という気持ちが強いです。皆さんの期待を超えられるような作品を作れたと思うので、自信を持って初日を迎えたいです」と晴れやかな表情で語った。

また囲み取材では、質疑応答の際に郷本が挙手し、「コエンマは、本番中もおしゃぶりを付けたままなんですか?」と質問する場面も。これを受け、荒木は「そうだね、このまま話していこうと思う」と笑顔で答えた。

最後に、本作の見どころを問われたキャストは「幽助が霊丸を撃つシーン」(崎山)、「幽助が桑原に乗り移るシーンでの、2人のコラボ」(郷本)、「盗賊仲間の蔵馬、飛影、剛鬼がそろう場面」(鈴木)と回答。橋本は「この日のために、とてつもない痛みに耐えて“開眼”しました(笑)。額の包帯を取る瞬間が来るので、そのシーンに注目してほしいです」とコメントし、荒木は「プロジェクションマッピングやグラフィックポイを用いて、それぞれの必殺技を表現するシーンは“映え”ると思います」と見どころを挙げた。

上演時間は休憩ありの約2時間30分。シアター1010での公演は9月2日まで行われ、その後、9月に大阪、福岡、愛知で上演される。また9月22日の千秋楽には全国の映画館でライブビューイングが実施されるほか、同公演がWOWOWとニコニコ生放送にて生中継される予定だ。

舞台「幽☆遊☆白書」

2019年8月28日(水)~9月2日(月)
東京都 シアター1010

2019年9月4日(水)~8日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

2019年9月10日(火)~13日(金)
福岡県 ももちパレス

2019年9月20日(金)~22日(日)
愛知県 一宮市民会館

原作:冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」)
脚本・演出:御笠ノ忠次

キャスト

浦飯幽助:崎山つばさ
桑原和真:郷本直也
蔵馬:鈴木拡樹
飛影:橋本祥平

雪村螢子:未来
浦飯温子:角島美緒
ぼたん:平田裕香
剛鬼:新田健太
幻海:エリザベス・マリー

コエンマ:荒木宏文
ほか

(c)舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会 (c)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年

アプリで読む