Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「午前0時、キスしに来てよ」

「0キス」酒井若菜が橋本環奈の母親役に、花澤家の場面カット解禁

ナタリー

19/7/8(月) 7:00

片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈がダブル主演を務める「午前0時、キスしに来てよ」に酒井若菜が出演していることがわかった。

みきもと凜による同名マンガを「ひるなかの流星」の新城毅彦が実写化した本作。片寄演じる国民的人気スターの綾瀬楓、橋本演じる平凡な女子高生・花澤日奈々の秘密の恋が描かれる。酒井が演じる日奈々の母・陽子は、娘の恋愛に驚きつつも、彼女を優しく見守るキャラクターだ。

洋食店を営む花澤家では、多忙な両親に代わって日奈々が家事を手伝い、妹・すずの面倒も見ることが多い。このたび陽子、日奈々、すずを捉えた花澤家の場面写真も解禁。酒井は「数日間の撮影でしたが、家族の愛情というか、距離感みたいなものを撮影初日につかむことができたので、とても楽しく濃密な時間を過ごせました」と現場を振り返った。4歳の子役・野田あかりがすずを演じている。

「午前0時、キスしに来てよ」は12月より全国ロードショー。

酒井若菜 コメント

数日間の撮影でしたが、家族の愛情というか、距離感みたいなものを撮影初日につかむことができたので、とても楽しく濃密な時間を過ごせました。
環奈ちゃんが20歳と聞いて、ずいぶん大きい子の母親役をやらせていただけるんだなぁと思い、(共演が)楽しみでした。実際会ってみてとても波長の合う子だったので、すぐにおしゃべりして、仲良く過ごせました。
いまひとつ踏み込めない事情がある親子関係の中で、娘(日奈々)と真剣に向き合うシーンもあって。ぜひ、観ていただきたいなと思います。

(c)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会

アプリで読む