Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「スーパー歌舞伎II(セカンド)ヤマトタケル」記者発表より。

360°劇場での「ヤマトタケル」に猿之助「これが歌舞伎なのかという作品を」

ナタリー

19/6/20(木) 17:15

来年2020年夏に上演される「スーパー歌舞伎II(セカンド) ヤマトタケル」の記者発表とプレゼンショーが、本日6月20日に東京・IHIステージアラウンド東京で実施された。

会見には主演と演出を務める市川猿之助をはじめ、TBSホールディングスの佐々木卓代表取締役社長、松竹の迫本淳一代表取締役社長と安孫子正代表取締役副社長が出席した。

1986年初演の「スーパー歌舞伎 ヤマトタケル」では、猿之助の伯父にあたる三代目市川猿之助(現:市川猿翁)が演出を務めていた。小学生のときに初めて「ヤマトタケル」を観たと言う猿之助は、「衝撃が忘れられません」と話し、「子供の自分が観て感じたワクワクや、『面白い』という興奮を大事にしたい」と抱負を口にする。

本公演はTBSと松竹の提携により行われる。これについて猿之助は「歌舞伎俳優は身ひとつですし、歌舞伎という文化形態ができることも限られています。しかし今回TBSさんとの出会いで、不可能だったことが可能になるのでは」と言い、「今までご覧になったことのないような『これが歌舞伎なのか』という作品を作りたいと思います」と期待を煽る。また本作が東京オリンピック・パラリンピックと同じく2020年に上演されることに触れ、「オリンピックは世界から選手が参加しますが、もし歌舞伎にも世界の俳優さんが出演したらどうなるだろう?と思いました」と笑い交じりに述べた。

IHIステージアラウンド東京での上演に向けて猿之助は「高齢の歌舞伎俳優が多いので、客席が回転した瞬間に楽屋の場所がわからなくなってしまうのではと心配(笑)」「あまのじゃくなものですから、上演中は客席を回さずに休憩中だけぐるんぐるん回してみようかな」と冗談を飛ばしつつ、「視覚や体感を重視して作品を作りたい」と意気込みを述べる。報道陣からスーパー歌舞伎にちなみ、「“スーパーやってみたいこと”はありますか?」と質問されると、猿之助は「ぜひお客様の頭上で宙乗りをしたい」と笑顔で回答した。

記者発表のあとには、映像やLEDパネルを用いたプレゼンショーが舞台上で行われた。大音量の音楽が流れ始めると、舞台を覆うスクリーンには日本のこれまでの元号がデザインされた近未来的な映像が映し出される。スクリーンが開くとステージ上には小さな三角形のLEDパネルが数多く吊るされており、1つひとつのパネルが色とりどりに輝きながら動き、さまざまに形を変えていく。やがてスモークが立ち込める中、舞台奥から猿之助が登場し、会場から大きな拍手を浴びた。

その後、猿之助の友人・佐々木蔵之介と、本作に猿之助と交互出演する中村隼人からのメッセージ映像がそれぞれ上映された。猿之助が手がけた「スーパー歌舞伎II(セカンド)『空ヲ刻ム者-若き仏師の物語-』」に出演した経験を持つ佐々木は「今回はさらにスーパーな歌舞伎が拝見できるのでは。それをやってくれるのが猿之助さんであり、澤瀉屋だと思っています」とエールを送る。続く隼人は、猿之助と交互出演でヤマトタケルを演じることについて、「私の父も勤めたことがあるお役ですが、まさか自分が勤められるとは……本当にありがたいこと。猿之助兄さんにいろいろ伺いながら、精進していい舞台を作っていけたら」と気合十分な様子で話した。

猿之助は、佐々木が「空ヲ刻ム者」に出演した際のことを「蔵之介さんは歌舞伎を常に尊敬し、真摯に向き合ってくださった。体力的に大変だったそうで、『(歌舞伎出演は)しばらくええわ』とおっしゃっていましたけど(笑)」と振り返る。また隼人と共にヤマトタケルを演じることに触れ、「歌舞伎は人から人へ伝わってきた伝統芸。自分も出演しつつ次世代にバトンタッチする“橋渡し”をお目にかけられれば」と思いを語り、「きっと今後スターになるであろう俳優の1人ですので、この機会にバンッと飛躍していただきたい」と隼人に期待を寄せた。

「スーパー歌舞伎 ヤマトタケル」は、古事記を題材に、哲学者の梅原猛が三代目猿之助(現:猿翁)のために書き下ろした作品。今回の「スーパー歌舞伎II(セカンド)ヤマトタケル」では脚本を横内謙介、演出を横内と猿之助、さらにスーパーバイザーを猿翁が担当する。

なお本日6月20日のプレゼンショーの様子を収めた動画は、IHIステージアラウンド東京の公式サイトで視聴することができる。

「スーパー歌舞伎II(セカンド)ヤマトタケル」

2020年夏
東京都 IHIステージアラウンド東京

作:梅原猛
脚本・演出:横内謙介
演出:市川猿之助
スーパーバイザー:市川猿翁
出演:市川猿之助、中村隼人(交互出演)

アプリで読む